1653 ぷらぷらプラハ | 自転車世界一周チャリダーマン

自転車世界一周チャリダーマン

150ヶ国 131,214km 自転車世界一周
「チャリダーマン」周藤卓也Webサイト

ブログ

2010.07.04

カテゴリ : 近況

67 views

1653 ぷらぷらプラハ

 

 観光して充分だ。

スポンサーリンク

 アジア人

 ウィーンもそうだけど、ここプラハでも数多くのアジア系観光客を目にする。一人で中国人か韓国人か日本人か推測して楽しんでる。ヨーロッパ系の服装をしていたら韓国人、サングラスとかでだいたい分かる。油っぽかたり、いけてなかったりしたら中国人。日本人は化粧が濃かったり、服装でそこそこ分かる。

 中国人

 移民批判を避ける為に、「私、亡命してきたあるね。共産党反対である」と言えば歓迎されるかもしれないと考えた。ヨーロッパには中国人がたくさんいる。小さな都市でも中華レストランがあって、異才を放っている。

 ルーマニア語

 スラブ語圏が囲む中、ここだけ言語が違う。ラテン系らしく、イタリアに近い。同じ、イタリア語に近い、アルバニアで見た言葉を見かけた。トルコ語からの借用もあるらしく、よくみかけるgara(駅)の看板の意味が、トルコのバス停とオトガル(オート・ガル)と気付いた時にはしびれた。

 なにぬねの。

ナー →ペルシア語
ニィエット →ロシア語
ヌ →ルーマニア語
ネ →ブルガリア語
ノー →英語

完成。全部否定の言葉。

 備忘録になっているけど、忘れない為には書き残す事も必用。次は予定外にベルリン。

関連記事

プロフィール

・周藤 卓也(しゅうとう たくや)
1983年 福岡県生まれ。
150カ国と13万1214.54kmの自転車世界一周を達成。
次なる夢は福岡でゲストハウスの開業。
WEBライターとしてGIGAZINEで連載

⇢詳細なプロフィール

follow us in feedly
この記事へのコメント (2件)

コメント

  • こけし より:

    「なにぬねの」そういえばドイツ語もナイン・・・面白いですね。
    言霊じゃないけど、音の持つ響きってパワーが入っているのかも。

  • shuutak より:

    フランス語はノンだったり。
    「パワー」かもしれませんね。