【近況】これからの旅のため、ブレーメンで買い物していた | 自転車世界一周チャリダーマン

自転車世界一周チャリダーマン

150ヶ国 131,214km 自転車世界一周
「チャリダーマン」周藤卓也Webサイト

ブログ

2010.10.15

カテゴリ : 近況

200 views

【近況】これからの旅のため、ブレーメンで買い物していた

 

 一通りニュースを覗いたので。時代は、まさに仙石時代。民主党代表戦、小沢さんが出たのは知っていたけれど落ちたんだね。いつでも総理になれた。鳩でも菅でもなれたのに、世の中は平等でないんだねと感じる。中国人初のノーベル平和賞おめでとう。ノルウェーは中国なんてどうでもいいんじゃないか。ノルウェーEUじゃないし。ノルウェーは、まるで家にある様な綺麗なトイレでうんこの出来る国。壁がない所とは違うんだよ。人々は穏やかで。フランスにおけるロマの追い出しにEUの限界を感じた。ロマの故郷のルーマニアもEUだけれども、田舎では馬車が行き交い、牧草を人力で刈集めていた。かと思えば北欧では重機で全自動でやってしまうんだから。

スポンサーリンク

本題

まだブレーメンに居る。だらけてしまったのとテンションが下がっていた。このテンションは冬が原因であって、その癖に金がないからキャンプしていて風邪引きそう。キャンプ11.5ユーロ。ユース25ユーロと。貧民チャリダーには選択肢がない。ちなみにネット代は別途3.5ユーロかかる。

ここでは買物ばかりしていた。まずは、壊れてしまった日東キャンピーフロントを投げ捨てる。頑張るつもりだったが申し訳ない。両枠と本体を繋ぐ全6つのねじ穴は2つ位しか残っていなく、タイラップで繋げていた。枠自体にも亀裂が走って剥がれてしまい、どうし様もなくなっていた。メイドインジャーマニーのTubusエルゴ(70ユーロ)を取り付ける。ドイツには巨大ガレージ、サッカーコート半分はあるだろう巨大な自転車店があって、わくわくしながら無駄に買物していた。メイドインジャーマニーは勿論、シマノですら安く感じたのでXTスプロケ(45ユーロ)やチェーン(20ユーロ)を揃えた。近いうちに全交換をするつもり。シマノのレインシューズカバー(20ユーロ)、パークツールの携帯工具MTB-3(20ユーロ)。、

ドイツは何でも手に入る。ここブレーメン中心部にはヨドバシカメラみたいな巨大な電気ストアがあるし、REALは端から端まで歩くのが大変なハイパーマーケット、EDEKAは普通のスーパーマーケット。ALDI、LIDL、PENYのディスカウントストアは相変わらず強力で、TEDIは1ユーロショップ。メイドインチャイナで日本と同等の物が手に入る。kkは日本で言うしまむらなのか。4、5ユーロで服が売られてあったりする。

寒さを克服するため、1ユーロショップでマフラーと帽子とブランケット(2ユーロ)を買った。着込めば着込むほど、冬のカフカスを思い出す。ぶっちゃけ油断してた。北欧行って後は暑いままと簡単に考えていたけど、モロッコでは雪も降るらしい。と言う事なので、しばらくは冬走行を続ける事になるだろう。あぁ、早く暖かい場所に行きたい。

明日から走るつもりなんだけど、フロントバッグが取り付けられるか心配。Tubusのキャリアにしたら、オーストリッチのフロントバッグは付かない。ブレーキ台座だけで、日東キャンピーを取り付けたいんだけど、その為にはフォーク穴に干渉する部分の切断が必要。だけど、パイプカッターなんてないからな。

飽きたし、寒いから、出発したいんだけど。

ジュネーブにオーストラリアで会ったフランス人サイクリストが居るから、そこまでは急ぎ足で。

関連記事

プロフィール

・周藤 卓也(しゅうとう たくや)
1983年 福岡県生まれ。
150カ国と13万1214.54kmの自転車世界一周を達成。
次なる夢は福岡でゲストハウスの開業。
WEBライターとしてGIGAZINEで連載

⇢詳細なプロフィール

follow us in feedly