破けているので受取拒否されたフィリピンのお金を銀行で交換する – 自転車世界一周チャリダーマン

自転車世界一周チャリダーマン

150ヶ国 131,214km 自転車世界一周
「チャリダーマン」周藤卓也Webサイト

ブログ

2015.11.28

カテゴリ : 折り畳み自転車

540 views

破けているので受取拒否されたフィリピンのお金を銀行で交換する

「これは駄目だわ」と思いがけぬ声。小さな商店で、少し破けた100ペソ紙幣を受け取ってもらえなかった。だったら流通させるなや、とイラッとする。最初に米ドルから両替したときに「使いやすいよう小さくして」と言ってもらった100ペソ10枚の内の1枚。きちんとした両替所だったので破損の確認なんてしてなかった。少し破けているのに気付いたのはだいぶ経ってから。でも、渡すのだから使わるのだろうと楽観視していた。国によってはセロテープで補修している紙幣も流通している。それなのに非情な宣告。無用な面倒を抱え込んでテンションだだ下がり。

スポンサーリンク

どうにかしないとと、街を歩いていて目に飛び込んできたのは銀行。中に入って「旅行者なんだけど破けたお金を掴まされちゃって、ここで交換できない?」と恐る恐る聞いてみると「そういうことね、いいわよ」とお姉さんは手際よく別のお札を用意してくれた。ウホホーイ。一気に問題が片付き、心まで晴れ渡る。

ついでに、手持ちの5米ドル紙幣もビニールテープで補強されていて両替できず。

両替やお釣りを受け取るときは破けているお金がないか注意すること。当たり前のことだけど、しばらくこんな問題は起きなかったので最近は気にしていなかった。

関連記事

プロフィール



周藤 卓也(しゅうとう たくや)
旅人・写真家・ライター。1983年 福岡県生まれ。
2005年より自転車世界一周に挑戦、
2016年に達成。
GIGAZINE等に寄稿するライター業、
講演等を行いながら、
自転車旅行者向けの安宿を立上げるため準備中。

詳細なプロフィールを見る

自転車世界一周チャリダーマンのおすすめ一覧-Amazonインスタントストア

SHARE