【近況】千の丘の国ルワンダ | 自転車世界一周チャリダーマン

自転車世界一周チャリダーマン

150ヶ国 131,214km 自転車世界一周
「チャリダーマン」周藤卓也Webサイト

ブログ

2011.11.09

カテゴリ : 近況

293 views

【近況】千の丘の国ルワンダ

 

 ウガンダのカバレからルワンダの首都キガリまでの100kmは1日で走れた。ルワンダは千の丘の国と言われていれ、「よく来たなチャリダーマン、千の丘を越えていけ」というのを想像していたけれど、実際は千の丘の谷間を抜けていく、優しい道だった。この千の丘が信じられない景色を作っている。ナイロビからはタンザニアに抜けるのが簡単で、ルワンダは寄り道でしかない。でも、この寄り道には、それだけの価値がある。

スポンサーリンク

・ブルンジビザ90ドル

 バイクタクシーを拾ってブルンジ大使館にビザの申請に行ってきた。「1ヶ月のシングルビザは90ドルよ」といわれて焦る。事前の情報を元に60ドルしか手元に用意していない。この日の申請は諦めるしかなかった。ブルンジ行くのも諦めようか。

 ウガンダのルワンダ大使館が3ヶ月マルチのルワンダビザをくれたので、ルワンダ→ブルンジ→ルワンダ→タンザニアという計画を立てていた。だから、実質ブルンジは1週間も滞在しない。あまり走らない。特にやることがない。とないないづくし。ブルンジを真っ直ぐ南へ走るとタンザニアのキゴマに出る。ここから東にまともな道があれば、90ドル払ってでもブルンジをやる意味もある。だけど、道がないからルワンダからタンザニアに抜ける。なんだかブルンジがお呼びでない予感。これまでもタジキスタンやアゼルバイジャンと諦めて中途半端な未訪問国が残った。ここもか。でも、なんかそんくらい力ぬいた方がいい。ブルンジルンジ。

 「疲れた、帰って寝る」と歩き出したけど、「もしかして近くにタンザニア大使館があるかも」とスマートフォンで調べたらあった。大使館はたいてい同じところに集まっている。ビザの費用は50ドルだったので申請してきた。国境で取れるとも聞いてるけれどついでだったし。取れると聞いていて、取れないと困るし。

・フランスとイギリス

 旧フランス語圏にあって、この国の人はフランス語を話さない。英語を話す。そんなこと西アフリカではなかった。久し振りのフランス語を楽しみにしていただけに自分はがっかり。でも街は旧フランス植民地の流れが入っていて余裕のある街づくり。ガーナ、ナイジェリア、ケニア、ウガンダ、と旧イギリスの植民地は街が窮屈で動きにくい。料理も旧フランス植民地の流れででうまい。ウガンダの究極の選択から解放された。規律は旧イギリス植民地の流れでしっかりしている。なんか悪いことをしたのかバイクタクシーのバイクが軽トラの荷台に載せられていた。ドナドナ。そして未来を見据えた2020ビジョンがある。なんだか混ぜこぜになっていて面白い。道は右側通行。

関連記事

プロフィール

・周藤 卓也(しゅうとう たくや)
1983年 福岡県生まれ。
150カ国と13万1214.54kmの自転車世界一周を達成。
次なる夢は福岡でゲストハウスの開業。
WEBライターとしてGIGAZINEで連載

⇢詳細なプロフィール

follow us in feedly
この記事へのコメント (10件)

コメント

  • sato より:

    一応、キゴマから東に行く道はあります。もちろん未舗装路ですけど。ただ、道幅は広いけど、表面は洗濯板で自転車にとっては一番嫌な道ですね。しかも、夕暮れ時には強盗がよく出るそうです。
    余談ですが、私は、キゴマから東に200キロ程度行ったところにあるタボラという町に仕事でよく行っていました。
    また私ごとですが、週末から2か月のスーダン出張です。
    それでは、お気をつけて。

  • shuutak より:

    >>Sato様

    どうもです。キゴマから船で湖を縦断して南のザンビアへ。ケープタウンへ行った後、アフリカ東海岸を北上するというのも考えたのですが、いろいろと無理ですね。ということでキガリからドドマまで走るか、ムワンザに出て再びケニアを目指すか考えています。多分、選択は前者。現在、前輪はコンゴでも使わなかった2.1のタイヤを履いているので未舗装路でも大丈夫なはず!?飛ぶときに古いタイヤのは捨てました。でも、でも結構舗装されていると期待しています。
    この辺りはバスの行先が南スーダンだったり、スーダンが結構近いなと感じます。お仕事頑張って下さい。

  • Toshi より:

    はじめまして。ルワンダに住んでいる者(日本人)です。私も昔日本国内ですが自転車に乗って旅をしたことがありまして、世界を回るなんてすごいなぁとサイトを拝見させていただいていました。

    さて、車ですがキガリからアルーシャまでは行ったことがあります。キガリから、タンザニアのシンヤンガやムワンザまではずっと舗装道路です(利用したのは去年の5月です)。ただ、アルーシャへのルートなら、どちらもそこから未舗装になります(シンヤンガの方は利用時点でだいぶ工事をしていたのでもう舗装されているかもしれません(未確認))。ムワンザからだと国立公園を通るので、自転車では難しいでしょう(野生動物に襲われます!)。そこからドドマまでの道がどうかは分かりませんが、政治の首都ですから舗装されている可能性は高いと思います。タンザニアは平坦で、自転車では走りやすい国かと思われます(車もだいぶスピードを出しています)。

    実際に遭遇した経験はありませんが、タンザニアの夜の道は、道をブロックしたり穴を掘ったりして物取りをするようなケースがあるようです。ルワンダ国内ではそういう心配はまずありませんが、別の国では道中お気をつけください。

    では、応援しています。

  • kisumu より:

    ケニアキスム在住です。もし通ることがあったら、うちに泊まって休んでいってくださいな~

  • shuutak より:

    >>Toshi 様

    どうもこんにちは。情報ありがとうございます。ルワンダは千の丘を越えずに、谷間をするすると走れてほっとしています。

    タンザニア西部も結構舗装されているみたいですね。今はダートでもやるつもりです。そうしてダートを走り出すと、「やめておけばよかった」と後悔するのですが。今のところのルート選択はキガリ→ドドマに一直線です。気が向いたらムワンザに寄りますが。タンザニアは物騒なんですかね。宿の間隔で繋げればいいですが。じゃなければ野宿。か集落にテントを張らせてもらわないと。

    ともかく、見当がつかないだけ楽しみでもあります。やるだけやってみます。

  • shuutak より:

    >>kisumu 様

    ありがとうございます。ただ、現在の所はキガリ→ドドマを予定しています。予定が変わりましたら、連絡させてください。

  • Toshi より:

    ルワンダに比べてタンザニアは村と村の間隔が離れているような気がしますが、うまく自転車の走行距離に合わせて宿が見つかるといいですね。今まで通ってこられたアフリカの国と比べて、特に物騒ということは無いと思います。お気をつけて。

  • shuutak より:

    Toshi 様

    ルワンダの丘が牙をむきました。ギタラマです。タンザニア西部は閑散としていますねからね。そのタンザニア、ダルエスの雰囲気が悪いとか、ムワンザで首絞め強盗とかいい話を聞きませんね。ちょっと構えてしまいます。

  • Toshi より:

    首絞め強盗ですか。一時期キガリでもありましたよ。まあ、「怪我しないならよかった」くらいの気持ちがアフリカでは必要ですよね。

    なお、ルシジからブジュンブラに入りブタレに戻ってくる場合、ブガラマsectorという場所を通ってブルンジに入るのですが、国境の施設が脆弱です。ビザがとれるかどうかは微妙です。がんばってみてください。

    ちなみに、ルシジからニュングエ国立公園を通ってブタレに直接進むことは可能です。道路を走っている限り公園の入園料も不要です。ルシジからブタレまで、車だと3時間くらいですね(公園内の走行は1時間)。結構アップダウンはありますが、きれいな場所です(公園内のキャンプは禁止されているかもしれないので気をつけてください)。

  • shuutak より:

    キガリの治安は改善されているのではないでしょうか?過去の旅行者の記事よりは、治安の心配は全然要りません。ただ人にクセがあって、気に障るところですが。

    そのルブシにです。ブルンジのアライバルとれないかも、しれないんですね~。あの分岐まで戻るのは無理です。(笑)キブエからここまで、本当に凄まじかったです。