【近況】スポーツ用品店「デカトロン(DECATHLON)」が台湾にもあった | 自転車世界一周チャリダーマン

自転車世界一周チャリダーマン

150ヶ国 131,214km 自転車世界一周
「チャリダーマン」周藤卓也Webサイト

ブログ

2015.11.13

カテゴリ : 近況

5,445 views

【近況】スポーツ用品店「デカトロン(DECATHLON)」が台湾にもあった

 

自転車で向かう途中に。

静岡県(遠州)が思い浮かぶ百貨店。

1年前のタイで手に入れたデイパックはかなり傷んでいたので、セブ島を離れる前に捨てた。何も言われなかったけど、セブ島に降りた際のフライトは規定重量を少しオーバーしていて、軽量化する必要があった。その頑張りもあって、台湾へのフライトもクリア。ただ、デイバッグがないと動きづらい。新しい鞄が必要だった。

スポンサーリンク

橋の下は恐竜の住処だった。

襲われる。

このような時は、たいていスーパーマーケットやスポーツ用品店で何とかしている。大手のほうが最安で最高のものが手に入る可能性が高い。前日に発見したカルフールでも探すがいい物が見つからず。夜にネットで調べると、あのフランス資本のウルトラスポーツ用品店が台湾にも進出していた。その名はデカトロン。ユニクロ、イケア、ダイソーと同じように、自らが企画し途上国で生産した商品を世界中に供給している。デカトロンのスポーツグッズの値段はコロンビアやノースフェイスといった一流メーカーの半額近く。それにも関わらず、品質はそこまで悪く無い。ヨーロッパでは事あるごとにお世話になっていた。海外進出も積極的でロシアやブラジルでもデカトロンの店舗をみつけている。

DECATHLONに到着。

2フロアを使ったかなり広い店舗。

20Lのデイパックは299TWD(約1150円)、ボトルゲージは49TWD(約200円)、無地のTシャツは89TWD(約350円)と欲しかった物が期待していた値段で手に入る。日本に戻る前にも立ち寄って、必要な物を買い漁りにいくかも。デカトロンについては、いつかきちんとまとめたいところ。

自転車部品。

バッグ。

身分証が2ついるとかでパスポートだけではSIMカードが手に入らない。西門の繁華街では、本屋が見つからず地図も手に入れてない。ダイソーにも立ち寄ったが、欲しいものが何一つ見つからず。と本日はデカトロンだけで、他のことは進まなかった。やることもやりたいこともいっぱいあって、台湾の1ヶ月なんてあっという間に終わりそう。

関連記事

プロフィール

・周藤 卓也(しゅうとう たくや)
1983年 福岡県生まれ。
150カ国と13万1214.54kmの自転車世界一周を達成。
次なる夢は福岡でゲストハウスの開業。
WEBライターとしてGIGAZINEで連載

⇢詳細なプロフィール

follow us in feedly