【近況】随分と溜まっていた中国欲はだいぶ満たされた – 自転車世界一周チャリダーマン

自転車世界一周チャリダーマン

150ヶ国 131,214km 自転車世界一周
「チャリダーマン」周藤卓也Webサイト

ブログ

2016.05.06

カテゴリ : 近況

396 views

【近況】随分と溜まっていた中国欲はだいぶ満たされた

故宮は今回初めて。前回の滞在時は行かなかった。

ジャージャー麺は北京を代表する庶民料理とか。しっかりとした腰の麺に味噌ベースのソースを絡めて胃袋へ流し込む。シャキッとした野菜、コリッとした大豆という具材も合っていた。

01日目 天津から列車で移動。生憎の雨で動けず。
02日目 故宮に行く。王府井に行く。北京駅に行く。
03日目 木樨園というバスターミナルに行く。郊外のショッピングモールに行く。
04日目 中関村に行く。スマホやパソコンの修理を試みるが失敗。
05日目 胡堂を散歩。

あっという間の5日間だった。中国ネタをかき集める。随分と溜まっていた中国欲はだいぶ満たされた。

スポンサーリンク

モンゴルへ向かうには国境の二連浩特(エレンホト)へ向かう必要がある。電車で行こうと北京駅を訪れたが、10日からしかチケットが無いと言われた。

だったらバスだと 木樨園という長距離バスターミナルへ行く。しかし「チケットは当日しか売れないのよ」と前に進まない。

北京オリンピックのメインスタジアムとなった鳥の巣にも行った。

総合スポーツ用品店のデカトロンを目当てに郊外のショッピングモールに出かけた。北京は地下鉄が発達しているので移動にも苦労しない。

「力保健(リポビタン)D」の写真を撮る。

みかんの皮(陳皮)というおやつ。顔をすぼめるほどにしょっぱい。

寒い冬を乗り切るための知恵。

ホッコリさせられた路地裏の落書き。

ひとまず明日(7日)の夜行バスを確保してエレンホトへ。明後日(8日)にモンゴルに入国して夜行列車でウランバートルへ向かう。この計画がスマートに進んでくれることを願うしかない。モンゴル行かないと、中国のビザ免除期間が切れる。20日に次のフライトを抑えているしと慌ただしい。それでも次で150カ国目。これがうまく行けば一息つける。

関連記事

プロフィール



周藤 卓也(しゅうとう たくや)
旅人・写真家・ライター。1983年 福岡県生まれ。
2005年より自転車世界一周に挑戦、
2016年に達成。
GIGAZINE等に寄稿するライター業、
講演等を行いながら、
自転車旅行者向けの安宿を立上げるため準備中。

詳細なプロフィールを見る

自転車世界一周チャリダーマンのおすすめ一覧-Amazonインスタントストア

SHARE