コロンビアの安宿をGPSの座標付きで紹介 – 自転車世界一周チャリダーマン

自転車世界一周チャリダーマン

150ヶ国 131,214km 自転車世界一周
「チャリダーマン」周藤卓也Webサイト

ブログ

2013.09.08

カテゴリ : 宿

414 views

コロンビアの安宿をGPSの座標付きで紹介

01 Fatima Hostel
Bogota
標高 2562M
N4.59865 W74.07017
自転車は建物内

2013年05月18日(4泊)
15,000コロンビアペソ(ドミトリー)
共同でトイレ、シャワー(湯)
電源あり
ワイファイあり

パナマシティのホステルが快適だったので、嫌なところが目に付いた。キッチンが汚い。引き出しの中とかはゴミだらけ。どこの馬鹿か知らんがコップを灰皿に使うな。チェックアウトを済ませた人がいても、ベッドメイキングを済ませない。翌日にやっていた。コンセントがない。共同スペースとかでパソコンが使いにくいようになっている。パナマシティではそんなことはなかった。室内も窓がなくて暗い。値段は安いのは助かったけど、早く出たくて仕方なかった。

02 HOTEL AMANECER DEL SOL
Facatativa
標高 2596M
N4.81559 W74.36056
自転車はホテル内(1階)

2013年05月22日(1泊)
22,000コロンビアペソ
室内にトイレ、シャワー(湯)
電源あり
ワイファイあり

とりあえず走ってみた。Facatativaの街は大きかったけど、そんなに宿は多いわけじゃない。この国のレベルなら10ドルくらいと見ていたけれど、どこも30,000コロンビアペソ(約16.6$)と高かった。街の外れの宿が22,000ペソでいいって行ってくれたのでそこに泊まる。ワイファイ付き。安宿というよりは、きちんとしたホテルで部屋も綺麗だった。

03 HOTEL
Honda
標高 214M
N5.20749 W74.73569
自転車はホテル内(1階)

2013年05月23日(1泊)
15,000コロンビアペソ
室内にトイレ、シャワー(水)
電源あり
天井ファン

この日は下りだったけど、アンデスは下りきるのも大変。一度850mくらいまで降りて1750mまで登った。クタクタになりならも目的の街に到達。安そうな宿がわき道にあって、15,000ペソだったので即決。低地だと水シャワーでもすっきりできる。

04 Recidencias
Doradal
標高 262M
N5.89880 W74.73427
自転車は室内(2階)

2013年05月24日(1泊)
15,000コロンビアペソ
室内にトイレ、シャワー(水)
電源あり
扇風機

Hondaから川沿いに北上する道はほぼ平坦。途中で片側二車線の超快適路となってスイスイと進む。ただ最後らへんは工事中で走りにくい。パンクもはさんだけど100kmを走って、目的の街Doradalにたどり着いた。想像していたよりも大きい街で、ホテルも数軒並んでいる。1件目2万ペソ、2件目も2万ペソだったけど1万5千ペソに値下げしてくれたので決定。こじんまりとした部屋だったけど自転車も荷物も入れた。Recidenciasと出ている看板はホテルと同じ意味。

05 HOTEL
標高 1081M
N6.00635 W75.02503
自転車は室内(2階)

2013年05月25日(1泊)
15,000コロンビアペソ
室内にトイレ、シャワー(水)
電源あり

メデシンへと向かうアンデス越え。道中何も無かったら嫌だなと思ったが人は住んでいた。宿もポツポツと。昼前に一度大きく上ったが、ぐいーっと下げた。アンデス越えは一筋縄ではいかない。サンルイという街の入り口があったが、山に入るんだろう。17時過ぎまで坂を上っていると何と宿があった。テントも仕方ないと思っていたのに。寒くなるので急いで水シャワーを浴びる。ここで食事も済ませた。

06 HOTEL
Santuarioの手前
標高 2236M
N6.11363 W75.23101
自転車は室内(2階)

2013年05月26日(1泊)
20,000コロンビアペソ
室内にトイレ、シャワー(水)
電源あり
ワイファイあり

アンデス越え2日目。この日も進まなかった。宿を出てからすぐにトップに着いて標高を下げる。そこからはひたすら標高を上げていった。パンクを挟む。明日にはメデジンに着きたかったので、ひたすら漕いでいたら雨が降り出した。豪雨。でも日が暮れたので、走らないといけない。ようやく峠を上ったところにレストラン兼ホテル。20000ペソだったのでそこに。ここから5km下ればSantuarioの街だった。部屋は綺麗。食事もここで。嬉しいことにワイファイも飛んでいた。

07 HOSTEL CASA BLANCA
Medellin
標高 1559M
N6.20870 W75.57589
自転車は敷地内

2013年05月27日(6泊)
17,000コロンビアペソ(ドミトリー)
共同でトイレ、シャワー(湯)
電源あり
ワイファイあり

成田大吾君のブログを見てここに。インターネットの情報でも、ここは値段が安かった。荷物の受け取りで、待つ可能性もあったので、安いホステルに泊まりたかった。ドミトリーの部屋広くて、荷物も邪魔にならない。給湯器があるので、お湯がガンガンに出るのが嬉しい。10分歩けば巨大なスーパーマーケットがある。イスラエル人が集まる宿だった。ポブラド(Poblado)の駅近く。

08 HOSPEDAJE
La Pintadaの対岸
標高 625M
N5.74038 W75.60682
自転車は室内(2階)

2013年06月02日(1泊)
13,000コロンビアペソ
室内にトイレ、シャワー(水)
電源あり
扇風機あり。

メデジンを出て2400mくらい一つ大きな峠を越えた。そのまま下って下って。「Pintadaより対岸に安宿がある」と聞いたので橋を渡る。同じように栄えていた。一通り見回してみても、高そうな宿ばかり。でも一つだけ、HOSPEDAJEと書いているレストランが発見。訊いてみると安かったのでここに決めた。レストランの奥に部屋がある。

09 HOSPEDAJE
Chinchina 約10km手前
標高 1097M
N5.05915 W75.60839
自転車は室内(平屋)

2013年06月03日(1泊)
9,500コロンビアペソ(2人でシェア)
室内にトイレ、シャワー(水)
電源あり
扇風機あり。

道中でスコットランド人チャリダーのアンディを捕まえてカリまで一緒に走ることになった。コロンビアの豊富な安宿事情を当てにして進むも、暗くなってから宿が出てこない。Chinchinaの手前でガソリンスタンドに併設された宿をようやく発見。食堂もある。部屋をシェアしたら安くつく。

10 Hotel
La Victoria
標高 930M
N4.52372 W76.03658
自転車は室内(2階)

2013年06月04日(1泊)
12,5000コロンビアペソ(2人でシェア)
室内にトイレ、シャワー(水)
電源あり
扇風機あり

日が暮れて幹線からそれて近くの町へ。心配だったが宿はあった。自転車も2台入れても、十分なくらいに広い部屋は嬉しい。

11 HOSTEL
Cali
標高 1044M
N3.44668 W76.54019
自転車は室内

2013年06月05日(1泊)
18,000コロンビアペソ(ドミトリー)
共同でトイレ、シャワー(湯)
電源あり
ワイファイあり

暗くなってからカリに到着。カリの宿はアンディに全て任せていた。少し山手になる。ただ部屋は狭くて、貴重品ロッカーも鍵が無いので使えない。辺りに何もなかったので、一泊だけして自分は先に移動した。コロンビアでは大都市のドミトリーと地方のシングルの値段は変わらない。一人でゆっくりと作業がしたかった。

12 Hotel Panamericano
Santander de Quilichao
標高 1090M
N3.00750 W76.48670
自転車は室内(2階)

2013年06月06日(2泊)
15,000コロンビアペソ
室内にトイレ、シャワー(水)
電源あり

カリから起伏の少ない55kmを走ってSantander de Quilichaoという街に入る。ここで作業をしたかったので宿を探した。外観が綺麗でも汚くもない、ちょうど良さそう宿を発見。言い値は17000ペソだったけど、15000ペソにしてもらった。室内は普通に綺麗で、窓があるので雰囲気もいい。道を挟んで市場があって、辺りは賑わっていた。食堂も近くにある。スーパーもあった。宿を出てすぐのネットカフェは、ワイファイが飛んでいたので作業も捗った。

13 HOTEL EL VITI ESTACION
Popayan
標高 1712M
N2.44753 W76.60407
自転車は室内(平屋)

2013年06月08日(2泊)
12,000コロンビアペソ
室内にトイレ、シャワー(湯)
電源あり

ポパヤンまでは山道がしんどかった。最後の10kmは下りがメインで、何とか暗くなる前に街に入った。中心部に行ってホステルを探すつもりだったけど、道の脇に適当なホテルを発見。値段が安かったので、そのまま入った。部屋に窓が無いので、どんよりしている。なのに連泊してしまったのだが。ここら一角には十件ほどホテルが密集しているので、早く到着してもっといい部屋を探すべきだった。シャワーは電熱式。水量を少なくしたら熱い湯が出る。セントロまで歩いていける。5分くらいでスーパーマーケット。

14 HOTEL CENTRAL
El Bordo
標高 1007M
N2.11511 W76.98572
自転車は室内(平屋)

2013年06月10日(1泊)
13,000コロンビアペソ
室内にトイレ、シャワー(水)
電源あり
扇風機あり

ポパヤンからアップダウンを繰り返して目的の街までたどり着いた。坂はそこまで厳しくなく、そして標高も下げていたので暗くなる前に到着。ホテルはたくさんあったけど、2階はしんどいので平屋で聞いてみた。15000ペソを交渉して13000ペソ。一発で決めてしまったけど、汚い部屋だったのでもっとこだわるべきだった。朝にゴキブリが出た。

15
Remorino
標高 585M
N1.67508 W77.32927
自転車は室内(平屋)

2013年06月11日(2泊)
15,000コロンビアペソ
室内にトイレ、シャワー(水)
電源あり
扇風機あり

Remorinoの町を境に上りが始まる。もう少しだけ走れそうだったけれど、この先の宿が微妙だったので、ここで1泊した。大きな窓があるきれいな部屋。翌日はサイクル大会で一般車両通行止めという情報だったので連泊して作業をしていた。

16 HOSTELIA SANDONA
Chachagui
標高 1967M
N1.36067 W77.28475
自転車は室内(平屋)

2013年06月13日(1泊)
15,000コロンビアペソ
室内にトイレ、シャワー(水)
電源あり

600mがスタート、1500mまで上って、900mまで下げた。ここから1900mまで上がる。上り続けて街に到着した。よくも山腹に街を作ったもんだ。地元の人に聞いた安宿に決める。泊まってみて、すれ違ったメキシカンチャリダーが泊まった宿と気付く。ここまで標高を上げると、水シャワーもひんやりしてしまう。

17 ESSOに併設の宿
Tangua過ぎて
標高 2374M
N1.09324 W77.40202
自転車は室内(平屋)

2013年06月14日(1泊)
12,000コロンビアペソ
室内にトイレ、シャワー(水)
電源あり

走り出して上り坂。峠を越えたらパストまでダウンヒル。面白そうな町だったけれど、明日にはイピアレスに着きたいので先に進む。パストを抜けるのに上り坂。これを越えたら長い下り。Tanguaという町で宿を探すがやっていない。町外れのガソリンスタンドに宿が付いていた。レストランもあるので、食事には困らない。標高は上がったけれど、気合で水シャワーを浴びた。

18 HOTEL SAN FELIPE
Ipiales
標高 2916M
N0.82692 W77.63890
自転車は屋外(5階)

2013年06月15日(2泊)
15,000コロンビアペソ
室内にトイレ、シャワー(湯)
電源あり

コロンビアの最後を締めくくる宿。連泊するつもりなのでこだわった。ワイファイかお湯シャワーをつけて15,000ペソ以内が目標。中心部の宿を2,3軒あたるが値段が高い。だけど広場の近くにいい宿があった。入り口にワイファイと書いてあって期待する。最初に聞いたときには、「ちょっと待ってくれ」と部屋がある分からなかったけど、少し待っていたら何部屋か紹介してくれた。選んだのは日当たりがいい屋上の部屋。他は窓が無かった。荷物も自転車も全部5階まで上げる。ワイファイは部屋まで届くし、シャワーも電熱式でお湯が出た。そして15,000ペソとコロンビア標準価格。教会の見学もしたかったので2泊した。

関連記事

自転車世界一周チャリダーマンのおすすめ一覧-Amazonインスタントストア

SHARE