チャリダーは、この先の向こうがあるから走っていける – 自転車世界一周チャリダーマン

自転車世界一周チャリダーマン

150ヶ国 131,214km 自転車世界一周
「チャリダーマン」周藤卓也Webサイト

ブログ

2013.09.06

カテゴリ :

93 views

チャリダーは、この先の向こうがあるから走っていける

標識が新しい場所を教えてくれる。だから、どこまで走っていたくなる。

スポンサーリンク

フィンランドで見かけたロシア最北の町ムルマンスクへの標識。

アメリカではロサンゼルスの標識に心が躍った。

せっかくなので今後の抱負。

ウスアイアまで走って、やる気があればブエノスアイレスまで北上。更にやる気があればブラジルまで北上。引き伸ばしても南米はブラジルで旅が終わる。ヨーロッパに飛んでイギリス→フランス→スイス→イタリアの周辺を走る。インドを含めた南アジアはどうするべきか。中国と比較をしたいとは思うけれど。お世話になっている方がいるので、絶対にタイには行く。そしたらミャンマーにも行けるだろう。そのノリでインドネシアのスマトラ島を走って、カリマンタン島からマレーシア、フィリピン。加えて台湾には1ヶ月はいてみたい。大切な人をみつけて、南の島を一緒に回って、旅を終えるのが理想。出版と就職といったイベントも控えているので、今から手を打っていかないと間に合わない。

まだまだやりたいことは多すぎる。一つ一つ進めていかないといけません。

関連記事

プロフィール



周藤 卓也(しゅうとう たくや)
旅人・写真家・ライター。1983年 福岡県生まれ。
2005年より自転車世界一周に挑戦、
2016年に達成。
GIGAZINE等に寄稿するライター業、
講演等を行いながら、
自転車旅行者向けの安宿を立上げるため準備中。

詳細なプロフィールを見る

自転車世界一周チャリダーマンのおすすめ一覧-Amazonインスタントストア

この記事へのコメント (4件)

コメント

  • マーク より:

    その先のライダーハウスも楽しみにしてます。

  • shuutak より:

    マーク様

    宿は楽しそうなんですがね。やりたいことはやったので落ち着く。普通の生活に目処がついたら、新たに夢を定めるという事でしょうか。

  • マーク より:

    過去ブログで、ライダーハウスではなくてチャリダーハウス2008.0927の内容を読み返して気づきました。
    確認せずに勘違いして理解し、コメントしていまい大変失礼しました。

  • shuutak より:

    >>マーク様

    ライダーさんとチャリダーさんは似たもの同士ですからね。ライダーハウスもチャリダーハウスも気にしていませんでした。

SHARE