物価の上昇に給与が追いついても解決しない問題がある – 自転車世界一周チャリダーマン

自転車世界一周チャリダーマン

150ヶ国 131,214km 自転車世界一周
「チャリダーマン」周藤卓也Webサイト

ブログ

2017.02.08

カテゴリ : 経済

395 views

物価の上昇に給与が追いついても解決しない問題がある

(過去記事を整理中に下書きを発見したので投稿)

 日銀は異例ともいえるマイナス金利の導入した。その結果、負担が増える民間銀行の定期預金の利率が低下。「銀行に預けておいても無駄」という考えから、タンス預金に走る人も増えているとニュースは伝える。ただし、タンス預金にも危険性がない訳ではない。政府が年2%のインフレを目指している以上、眠っているお金の価値は目減りする。

スポンサーリンク

 かつての経済成長のときには、公定歩合は高めに設定され、何もかもが右肩上がりだった。インフレ状態だったが、給料も物価も貯金も、全ての価値は結びついていた。

 今の政府は人為的にインフレを起こすと明言している。その結果として給料と物価は議論に上がるけれど、貯金については話題とならない。トルコやブラジルといったインフレに悩む国家の政策金利は高い。日本も経済回復がレールに乗れば、政策金利も引き上げることになるのか気になっている。

関連記事

プロフィール



周藤 卓也(しゅうとう たくや)
旅人・写真家・ライター。1983年 福岡県生まれ。
2005年より自転車世界一周に挑戦、
2016年に達成。
GIGAZINE等に寄稿するライター業、
講演等を行いながら、
自転車旅行者向けの安宿を立上げるため準備中。

詳細なプロフィールを見る

自転車世界一周チャリダーマンのおすすめ一覧-Amazonインスタントストア

SHARE