もっと柔軟な思考になれるような教科書が欲しい | 自転車世界一周チャリダーマン

自転車世界一周チャリダーマン

150ヶ国 131,214km 自転車世界一周
「チャリダーマン」周藤卓也Webサイト

ブログ

2010.06.15

カテゴリ : 科学

57 views

もっと柔軟な思考になれるような教科書が欲しい

 暇な時に見る電子辞書のマイペディア(百貨事典)が楽しい。物理関係も充実して新たな発見をしては驚かされる。最近、プラズマという言葉を覚えた。物質の第4状態らしい。学校では教えられず全く知らなかった。

そこで提案したい。

スポンサーリンク

 物質には固体、液体、気体と3つの形態がある。だが、それだけではない第4の形態が・・・(高校物理に続く)

 と週刊漫画雑誌みたいに、次回の展開に期待を含ませたらどうだろうか。興味を持った生徒は、「え、なにそれ、第4の形態って」と自分で調べるだろう。

 他にも

 全ての物質は原子に分けられて、原子は原子核と電子によって構成される。(実はもっと分解できる・・・・。)
 化学反応の前後において、反応物質の全質量と生成物質の全質量は等しく変化をしない事を質量保存の法則という。(だが、特殊相対性理論ではその限りでない。)

 とか。

 自分の受けた授業は、「こうだからこうだ」と言った画一的なものであり、月の満ち欠けや光の反射について覚えても何も面白くなかった。教えるではなく興味を持たせる。興味を持てばいつまでだって勉強できる。それにのめり込んだ、スペシャリストが日本の力となるのは間違いない。

 期待を膨らます教科書はどうだろうか?

関連記事

プロフィール



周藤 卓也(しゅうとう たくや)
旅人・写真家・ライター。1983年 福岡県生まれ。
2005年より自転車世界一周に挑戦、
2016年に達成。
GIGAZINE等に寄稿するライター業、
講演等を行いながら、
自転車旅行者向けの安宿を立上げるため準備中。

詳細なプロフィールを見る

自転車世界一周チャリダーマンのおすすめ一覧-Amazonインスタントストア

SHARE