テロの論理とグリーンピース | 自転車世界一周チャリダーマン

自転車世界一周チャリダーマン

150ヶ国 131,214km 自転車世界一周
「チャリダーマン」周藤卓也Webサイト

ブログ

2009.02.15

カテゴリ : 社会

57 views

テロの論理とグリーンピース

 鯨肉窃盗:弁護側、無罪を主張??公判前整理手続き /青森

 国際環境保護団体「グリーンピース・ジャパン」(GP)=東京都新宿区=のメンバーによる鯨肉窃盗事件で、窃盗と建造物侵入の罪に問われたGP海洋生態系問題担当部長、佐藤潤一(32)ら2被告の第1回公判前整理手続きが13日、青森地裁(渡辺英敬裁判長)であり、弁護側は無罪を主張した。次回手続きは3月23日。

 地裁によると、争点は▽鯨肉を自分のものにしようとする不法領得の意思があったかどうか▽持ち出した目的に照らし、行為に正当性があるかどうか▽国際人権規約により保障されるか??の3点。

 会見を開いた弁護側は、国際人権規約を根拠に「鯨肉を持ち出して横領の実態を告発した行為は、ジャーナリストに保障されている『表現の自由』と同等のもの」主張。逮捕、起訴は同規約に反するとした。

 起訴状によると、佐藤被告とGPメンバーの鈴木徹被告(42)は昨年4月16日、西濃運輸青森支店(青森市)に侵入し、宅配用段ボール箱に入った鯨肉23・1キロ(5万8905円相当)を盗んだとされる。【矢澤秀範】

 ”http://mainichi.jp/area/aomori/news/20090214ddlk02040266000c.html

 グリーンピースは暴緑団と、上手い事言うなとこの騒動を見ていた。改めて裁判となってなお、正当性を主張するその姿勢に、自爆テロを厭わないイスラム過激派のテロリストの論理を感じた。

スポンサーリンク

 自らの主張の為には、法を破る事も厭わない。人を殺す事も厭わない。基本的に、その姿勢は非難される物だ。だからといって、非難するだけでは何も変わらない。

 その為には、テロリストでも主張が届く社会にしないといけない。正しいか正しくないかは、そこに住む人が判断する。正しくないと判断され、それからテロに走る事もあるだろうけど、それでも声が広く行き渡るという事でテロは減るだろう。公明正大な報道がこれからの平和には欠かせないと思っている。

 今回の件で言えば、グリーンピースは屑だ。だけれど、鯨肉疑惑を広く訴える機会があれば、テロに走らなかったかもしれない。

関連記事

プロフィール



周藤 卓也(しゅうとう たくや)
旅人・写真家・ライター。1983年 福岡県生まれ。
2005年より自転車世界一周に挑戦、
2016年に達成。
GIGAZINE等に寄稿するライター業、
講演等を行いながら、
自転車旅行者向けの安宿を立上げるため準備中。

詳細なプロフィールを見る

自転車世界一周チャリダーマンのおすすめ一覧-Amazonインスタントストア

SHARE