称賛されるべきはバンクシーではなく… | 自転車世界一周チャリダーマン

自転車世界一周チャリダーマン

150ヶ国 131,214km 自転車世界一周
「チャリダーマン」周藤卓也Webサイト

ブログ

2020.07.18

カテゴリ : 社会

294 views

称賛されるべきはバンクシーではなく…

 

 

この投稿をInstagramで見る

. . If you don’t mask – you don’t get.

Banksy(@banksy)がシェアした投稿 –

落書きを芸術とされる一方で、落書きを消す仕事に光は当たらない。芸術に犠牲は必要だろうか。バンクシーの行動は思慮に欠けるし、清掃員への侮辱をはらんでいる。

称賛されるべきはバンクシーではなく清掃員。

バンクシーが落書きを消した清掃員を見つけ出し労働の対価を支払う。たとえ、そこまでやったとしても貴族のふるまいとなって後味が悪い。ちっちゃな子どもなら分かる。落書きも仕方ない。でも、バンクシーは大人でしょ。誰がその落書きを消すのか。大人なら理解できたはず。

迷惑YouTuberと変わらない行為を芸術にして欲しくない。

関連記事

プロフィール

・周藤 卓也(しゅうとう たくや)
1983年 福岡県生まれ。
150カ国と13万1214.54kmの自転車世界一周を達成。
次なる夢は福岡でゲストハウスの開業。
WEBライターとしてGIGAZINEで連載

⇢詳細なプロフィール

follow us in feedly