永遠の隣国である韓国について – 自転車世界一周チャリダーマン

自転車世界一周チャリダーマン

150ヶ国 131,214km 自転車世界一周
「チャリダーマン」周藤卓也Webサイト

ブログ

2010.07.30

カテゴリ : 中国

966 views

永遠の隣国である韓国について

 韓国に行くつもりは無かった。自転車世界一周を始めた頃は、そう思っていた。インターネットを使う世代。そこで手に入る韓国の情報はろくな物ではい。竹島にしても、慰安婦にしても、靖国参拝についても、韓国併合についても、忌み嫌うには十分であった。韓国に対して、嫌悪感しか持っていなかった。

 だが、オーストラリアをワーキングホリデーで過ごして、考え方が変わった。韓国人と友達になっていた。彼らも多数、ワーキングホリデーでオーストラリアに来ている。同じ黄色人種としての親近感か、英語のレベルが近いのか、気が付くと彼らと一緒に居た。誰にも文句を言わず、嫌な仕事を引き受ける人が居た。右も左も分からない自分を、適わない位に優しく親切にしてくれた人が居た。そんな心ある彼らに触れて、韓国を見てみたいと思った。

スポンサーリンク

 そして、今回20日間近く韓国を旅した。反日かもしれないと身構えていたが嫌な事は一つも無かった。驚く事に、若い世代を中心に英語が通じる。それ所か、カタコトでも日本語を使える人が居る。飯を食べた時、宿に泊まった時、買い物をした時、髪を切った時、韓国語の話せない自分を、嫌な顔一つせず親切、丁寧に応対してくれた。釜山で最初に見つけた宿を去る際には、宿の主人が「マタオコシクダサイマセ」と、どうみても覚えたて日本語を話して送り出してくれて嬉しくなった。

 自転車で走行の際には安全の為に自転車後部に旗を立てている。そんな中、とある国道のサービスエリアに入った際に、韓国語しか話さない売店のおばちゃんが、「これを持っていけ」とノリノリでその旗の日章旗の下に太極旗をつけてくれたりして楽しかった。その旗はよく目立つのか、車が立ち止まって話かけて来てくれたり、水や林檎を貰ったりもした。

 日本海側の江陵という都市と首都ソウルの2箇所では、現地の韓国人のお宅にお世話になる。いずれも旅の途中に、彼らも自転車で旅をしていて、到着したら連絡すると約束した物だった。彼らには本当に良くして貰った。英語になるが、彼らと日本と韓国の事についても、大いに語り合った。WBC、キムヨナ、サッカー、とライバルとしての韓国、韓国人の目からして、対馬にでさえ数多く見かけるパチンコ店の異常さ、日本人の目からしての、韓国人の英語習得のレベルの高さ。ネットゲーム中毒は両国に共通する悩み、そして何よりも強く残るのが、日本が韓国を併合した話。

 これには、「日本と韓国は家族にはなれない。友達として仲良くなるのが一番だ」とは伝えた。「併合は間違いであったという認識を多くの日本人が持っている」という事も。違う言語、違う文化、それを混ぜると無理が生じる。家族にはなれない。それよりは、別々の国であってそれぞれの主権を認めて、互いに尊重していけばいい。友達として仲良くなる。そして今回の旅は、その友達を知ることができた。

 親切にしてくれた人達がいた。そんな人たちが愛する国を忌み嫌う必要は無い。最近、韓国とは仲良くするしかないのではないかと思っている。どう頑張ったって地理的な二つの国の距離は縮まらない。韓国は永遠の隣国であるだろう。それは妥協する事ではない。竹島。靖国、慰安婦など日本は日本の立場で言えばいい。だが、それらを延々といがみ合うだけでなく、友好を深めて行く事も大事な事だろう。

関連記事

プロフィール



周藤 卓也(しゅうとう たくや)
旅人・写真家・ライター。1983年 福岡県生まれ。
2005年より自転車世界一周に挑戦、
2016年に達成。
GIGAZINE等に寄稿するライター業、
講演等を行いながら、
自転車旅行者向けの安宿を立上げるため準備中。

詳細なプロフィールを見る

自転車世界一周チャリダーマンのおすすめ一覧-Amazonインスタントストア

この記事へのコメント (5件)

コメント

  • こけし より:

    貴重な経験談をありがとう!
    実際に触れ合う機会が無くても
    友達の友達は、友達・・・としてまずは受け入れたいですよね。

  • shuutak より:

    これ、仕事の為の真面目な原稿です。wwwww。
    また訪れたい国は韓国だったりします。wwww。

  • しょうのすけ より:

    はじめまして
    素敵な旅ですね!

    応援しています。

  • Brian より:

    ニースのブログはShuutakを掲示。私は、あなたが韓国でここに肯定的な経験をしたと思います。私は海岸道路7をサイクリングされた江陵の近くにお会いすることも嬉しく思います。私は今、江陵に住んでいて、ここでも同様に大学で英語を教える。あなたが安全であることを望む、87000キロ以上、単に素晴らしいです、あなたは地球をサイクリングの世界で自由に幸運な男です。すべての最高のあなたに私の友人、すべてのベスト!

  • shuutak より:

    Hello Brian.Thank you for message. I remember you I heading to cape town now.Translation Japanese is strange. I can understand If you use English, So I am still travelling from South Korea. I didn’t think like it when we met, But I can continue until now. I’m enjoying my life.

SHARE