本場の中華料理はジェット燃料を使うかの如く高火力 | 自転車世界一周チャリダーマン

自転車世界一周チャリダーマン

150ヶ国 131,214km 自転車世界一周
「チャリダーマン」周藤卓也Webサイト

ブログ

2011.09.12

カテゴリ : 中国

207 views

本場の中華料理はジェット燃料を使うかの如く高火力

 

中国「我が国の宇宙計画は軍事目的ではありません」
外国記者「じゃぁ、なんだというのですか?」
中国「美味しい中華料理の未来に」
外国記者「なんだって!!」
 ざわめく、プレスルーム。

スポンサーリンク

「加油、加油(頑張れ、頑張れ)」という声と共に加えられる油。炒められる食材。
中華料理の基本は火加減。厨房では常に最大火力。その音はまるでジェット燃料を燃やしているようで。

・中国再訪

ゴォーっとスペースシャトルを打ち上げているようかの高火力。熱した鍋の上でパチパチッと油が弾けたら具材を投入。しばらくすると、ジーッジーッと水分が抜ける音に変わる。シュッシュと振る鍋にカツカツとお玉が相槌。しっかりと具材を炒めたらできあがり。ホクホクの湯気を上げたお皿がやって来る。

2016年05月、中国を再訪していた。

関連記事

プロフィール

・周藤 卓也(しゅうとう たくや)
1983年 福岡県生まれ。
150カ国と13万1214.54kmの自転車世界一周を達成。
次なる夢は福岡でゲストハウスの開業。
WEBライターとしてGIGAZINEで連載

⇢詳細なプロフィール

follow us in feedly