旅に出るならいいカメラを選んで損はなし – 自転車世界一周チャリダーマン

自転車世界一周チャリダーマン

150ヶ国 131,214km 自転車世界一周
「チャリダーマン」周藤卓也Webサイト

ブログ

2014.11.08

カテゴリ :

361 views

旅に出るならいいカメラを選んで損はなし

旅を始めた頃のデジタル一眼レフカメラは10万円を越えるのが普通だった。だから、コンデジを使っていた。その一眼レフが新品でも5万円を切った。一緒に走った際に撮ってもらった、一眼レフを使った友人の写真は、自分も惹かれるには十分だった。一時帰国していた2012年の夏に自分も購入。それからの旅は、一眼レフを使っている。

スポンサーリンク

アメリカのモニュメントバレー。

ベリーズにあるキーカーカーの透き通るほどのビーチ。

ペルーの子ども。

マルタの伝統的な顔のある舟。

チュニジアの若者と戯れる小口さん

イギリスのマクドナルド。

思い通りにならないこともあるが、コンデジの頃に比べて格段に写真が楽しくなった。何枚も写真を撮ってみて、気に入った一枚を残していく。昔のコンデジと比べて、画像がくっきりとなるのは、やはり性能の違いだろう。

一眼レフでなくても、ミラーレスでもコンデジでもいいカメラは売っている。値は張るかもしれないけれど、それだけの結果は残してくれるので、旅の写真にこだわりたければ、いいカメラを選んで損はない。自分も一眼レフは持ち運びに不便なので、併用を前提として新しいコンデジを購入しようか悩んでいる。

関連記事

プロフィール



周藤 卓也(しゅうとう たくや)
旅人・写真家・ライター。1983年 福岡県生まれ。
2005年より自転車世界一周に挑戦、
2016年に達成。
GIGAZINE等に寄稿するライター業、
講演等を行いながら、
自転車旅行者向けの安宿を立上げるため準備中。

詳細なプロフィールを見る

自転車世界一周チャリダーマンのおすすめ一覧-Amazonインスタントストア

SHARE