アジア、ヨーロッパの旅に役立ちそうなLCC路線 – 自転車世界一周チャリダーマン

自転車世界一周チャリダーマン

150ヶ国 131,214km 自転車世界一周
「チャリダーマン」周藤卓也Webサイト

ブログ

2015.06.01

カテゴリ :

334 views

アジア、ヨーロッパの旅に役立ちそうなLCC路線

セブ・パシフィック(フィリピン)
https://www.cebupacificair.com/jp-ja

マニラ⇢ドーハ、クウェート、ドバイ

ペガサス・エアライン(トルコ)
http://www.flypgs.com/en/

イスタンブール⇢アルマトゥイ、ドゥシャンベ、ビシュケク
デリー⇢ビシュケク

エアー・バルティック(ラトビア)
https://www.airbaltic.com/en/index

リガ⇢タシュケント

海外を旅するなら知っておいて損はなし、世界のLCCと魅惑の国際長距離路線」という記事を書いたときに、ある程度は調べたのだけど、これからのスケジュールを考えていた際に、まだ知らない航空会社があったり、新たな路線を発見したので報告。

スポンサーリンク

ヨーロッパ、中東、南アジア、東南アジア。例えばマレーシアからスリランカだったり、ドバイからドイツだったり、それぞれ隣のエリアへは、LCCの路線は豊富。ただ、タイからドバイだったり、バングラデシュからイギリスという長距離路線は殆どない。だからこそ、セブ・パシフィックのフィリピン⇢中東のような路線は、機会があったら上手く利用したい。

トルコのLCCであるペガサス・エアラインは、同じトルコ系民族が住むこともあって、中央アジア進出にも積極的。ペガサス・アジアというキルギスのビシュケクがハブとなる子会社も存在していた。南アジアと中央アジアを繋ぐ、デリー⇢ビシュケクというのも面白い路線。

ペガサス・エアラインでアルマトゥイ(カザフスタン)、ドゥシャンベ(タジキスタン)、ビシュケク(キルギス)とイスタンブール(トルコ)を結ぶ。エアー・バルティックが、タシュケント(ウズベキスタン)とリガ(ラトビア)を結ぶ。トルクメニスタン以外の中央アジアの国々は、ヨーロッパと繋がる。

LCCは変化が激しいので、飛び立つ前には、新しい情報を仕入れていかないと。

関連記事

プロフィール



周藤 卓也(しゅうとう たくや)
旅人・写真家・ライター。1983年 福岡県生まれ。
2005年より自転車世界一周に挑戦、
2016年に達成。
GIGAZINE等に寄稿するライター業、
講演等を行いながら、
自転車旅行者向けの安宿を立上げるため準備中。

詳細なプロフィールを見る

自転車世界一周チャリダーマンのおすすめ一覧-Amazonインスタントストア

SHARE