どこに行くわけもなく、ただ散歩するだけでも海外は楽しい – 自転車世界一周チャリダーマン

自転車世界一周チャリダーマン

150ヶ国 131,214km 自転車世界一周
「チャリダーマン」周藤卓也Webサイト

ブログ

2016.06.08

カテゴリ :

461 views

どこに行くわけもなく、ただ散歩するだけでも海外は楽しい

高級車のランボルギーニをみつけた。これはイタリアコレクションの記事に使う。

タイでは「レバ刺し」も「ユッケ」も食べられるのね。

やるべきことはあるのに何も手につかず憂鬱になって引きこもるのだけど、ふと散歩に出かけると少しは気が晴れる。海外旅の醍醐味は散歩だったりする。カメラを片手に歩いているだけでネタは舞い込む。

スポンサーリンク

タイバージョンのいらすとやさん。

タイ名物の選手宣誓をする鶏像。

初音ミクカフェがあった。雪ミクという言葉をバンコクで知る。

タイにもくまモンいた!

穏やかなバンコクの日常の一コマ。

中国もモンゴルも散歩していた。目指せサンポマスター

関連記事

プロフィール



周藤 卓也(しゅうとう たくや)
旅人・写真家・ライター。1983年 福岡県生まれ。
2005年より自転車世界一周に挑戦、
2016年に達成。
GIGAZINE等に寄稿するライター業、
講演等を行いながら、
自転車旅行者向けの安宿を立上げるため準備中。

詳細なプロフィールを見る

自転車世界一周チャリダーマンのおすすめ一覧-Amazonインスタントストア

この記事へのコメント (2件)

コメント

  • seagull より:

    もうすぐ旅も終わるのですね、お疲れ様。
    たしか出発の頃、「参考まで」と、小生のアフリカのHPを紹介していましたがw
    http://www.seagulljapan.info/
    覚えていらっしゃいますかな。

    何はともあれ、最後、無事に帰国してください。
    そして、「これだけの旅・経験をしてきた人間に、一体何をできるのか」というテーマに対する答えを是非、帰国後の余生で示してもらえたら幸いです。
    それが未来の旅人へのメッセージになるかと。

    自分もそのテーマに対する答えを示すべく、日々、日本で頑張っています。

    ではでは。

  • shuutak より:

    >>seagull 様

    コメントありがとうございます。

    覚えていますよ。ギガジンで初めての記事が掲載されたときですね。女の子にモテモテと期待したのに、たくましい男たちからの熱いエールばかりでした。(笑

    次はゲストハウスを作ることが目標です。それなりに生き抜くことで「こんな人生もあり」と若い世代に示したいですね。まだまだ前途多難ですが、なんとか形になるように頑張ります。

SHARE