フランス語の「ボナペティ」という言葉から学べる英単語 – 自転車世界一周チャリダーマン

自転車世界一周チャリダーマン

150ヶ国 131,214km 自転車世界一周
「チャリダーマン」周藤卓也Webサイト

ブログ

2016.06.03

カテゴリ : 語学

839 views

フランス語の「ボナペティ」という言葉から学べる英単語

ブルボンの手掛けるプチシリーズに、どれだけフランス語なんだよと突っ込んだ。ブルボンは王朝。プチはフランス語で小さいを表す。

そこから転じて、食事の前に召し上がれという意味で使われる「ボナペティ」の綴りにプチ入ってるかと疑う。ボン・ア・プチとで仮定したがボン・アペティ正しかった。「ボン(bon)」が良い「アペティ(appetit)」が食欲で、本来は良い食欲をという意味。

スポンサーリンク

appetitという単語に馴染みが無かったので、英語で翻訳すると「アペタイト(appetite)」という同じ食欲という意味の単語が出てきた。知らない単語だった。

竹内まりやのアルバム名にもなったことからボナペティという言葉は知っていた。ここからアペティを抜き出して、英語読み+eでアペタイトという言葉に繋げる。英語の食欲って単語を知らなかった、こう覚えることができる。

ボナペティは良い食欲をという意味だった。日本人ならボナペティの代わりに、食いしん坊バンザイで食事を始めようではないか。

・紐付けとこじつけ

外国語かぶれした私たちは意外と多くの言葉を知っている。この言葉の意味を知ることが外国語の勉強に繋がる。マーライオンのマーはフランス語の海だし、ドラゴンボールから中国語を学ぶこともできる。語学を覚えるときは紐付けとこじつけを大事にしている。

関連記事

プロフィール



周藤 卓也(しゅうとう たくや)
旅人・写真家・ライター。1983年 福岡県生まれ。
2005年より自転車世界一周に挑戦、
2016年に達成。
GIGAZINE等に寄稿するライター業、
講演等を行いながら、
自転車旅行者向けの安宿を立上げるため準備中。

詳細なプロフィールを見る

自転車世界一周チャリダーマンのおすすめ一覧-Amazonインスタントストア

SHARE