私は私が何であるか分からないまま朽ち果てる – 自転車世界一周チャリダーマン

自転車世界一周チャリダーマン

150ヶ国 131,214km 自転車世界一周
「チャリダーマン」周藤卓也Webサイト

ブログ

2018.12.18

カテゴリ :

422 views

私は私が何であるか分からないまま朽ち果てる

コンピュータの世界にはコピー&ペーストという概念がある。1か0の2進数で記されたデータはコピー(複製)してペースト(貼付)すると、全く同じデータがもう一つ誕生する。

このコピペの概念を人間で考えることがある。細胞レベル、遺伝子レベルまで同じ人間をコピーできるとしたら、もう一つの私が生まれるのかという問い。

人間がコピペできたら私という存在は物質に宿ることになる。でも、漠然とだがそんな気はしない。私はおそらく物質ではない。私が何であるか分からない。分からないまま死を迎える。

この世界は無から何も生まれはしない。時間もエネルギーもあらゆることにはある程度の説明がつく。でも、人は違う。私がいつ私になったかは思い出せないが、無から誕生した唯一無二の存在として今を生きている。

関連記事

プロフィール



周藤 卓也(しゅうとう たくや)
旅人・写真家・ライター。1983年 福岡県生まれ。
2005年より自転車世界一周に挑戦、
2016年に達成。
GIGAZINE等に寄稿するライター業、
講演等を行いながら、
自転車旅行者向けの安宿を立上げるため準備中。

詳細なプロフィールを見る

自転車世界一周チャリダーマンのおすすめ一覧-Amazonインスタントストア

SHARE