【近況】旅心をくすぐられるタメル地区と、カトマンズ市街を散歩 – 自転車世界一周チャリダーマン

自転車世界一周チャリダーマン

150ヶ国 131,214km 自転車世界一周
「チャリダーマン」周藤卓也Webサイト

ブログ

2015.05.07

カテゴリ : 近況

407 views

【近況】旅心をくすぐられるタメル地区と、カトマンズ市街を散歩

旅行者が集まるタメル地区。

ヒマラヤ山脈の玄関口として、アウトドアショップが豊富。日本で一時帰国したときに手に入れたノースフェイスのダッフルバッグに近い商品が3分の1の値段で売られていた。ここで何かか手に入れたいでござる。

お土産物も、たくさん売っている。

モンゴロイドがチベット高原を越えた先には、インド人の国でした。ネパールは中国とインドの文化が混ざっている。餃子にカレー。今日はタメル地区を中心に、カトマンズ市街を散歩した。古い地区になるのか、お寺もあったりして、中国の雰囲気を思い出す。

スポンサーリンク

首吊りマネキン。

ネパールのサイクルリキシャも凝っている。インドには運転席の日傘なんて無かった。

仏塔。

ジュースを売っていた露店のおっちゃんが、子どもにデレデレだったので写真を撮らせてもらった。赤ん坊の笑顔は、世界を幸せにしてくれる。

関連記事

プロフィール



周藤 卓也(しゅうとう たくや)
旅人・写真家・ライター。1983年 福岡県生まれ。
2005年より自転車世界一周に挑戦、
2016年に達成。
GIGAZINE等に寄稿するライター業、
講演等を行いながら、
自転車旅行者向けの安宿を立上げるため準備中。

詳細なプロフィールを見る

自転車世界一周チャリダーマンのおすすめ一覧-Amazonインスタントストア

SHARE