【近況】4年半使ったノートパソコンを新調させる – 自転車世界一周チャリダーマン

自転車世界一周チャリダーマン

150ヶ国 131,214km 自転車世界一周
「チャリダーマン」周藤卓也Webサイト

ブログ

2017.03.13

カテゴリ : 近況

834 views

【近況】4年半使ったノートパソコンを新調させる

2012年から使っているノートパソコンは片方のヒンジが壊れている。それゆえ、台湾で手に入れたスマホ立てが欠かせない。購入当時は満足していた。CPUもシングルコアからデュアルコアに、メモリもパワーアップした。前のノートパソコンに比べると断然作業がしやすくなった。でも、時間は流れていく。そしてパソコンのスペックも上がっていく。だからこそ、少し気になってCPUのベンチマークを調べてみた。そして最新のCPUと比較して、その差に愕然とする。

旧PC ThinkPad X121e 3051CTO
CPU AMD Dual-Core E 300 1.3GHz/2コア
ベンチマーク 615

新PC ThinkPad E470
CPU Core i5 7200U(Kaby Lake) 2.5GHz/2コア
ベンチマーク 4721

PassMark Software – PC Benchmark and Test Software
http://www.passmark.com/index.html

ここまで差があるならと、年末年始に東京で皿洗いをしていたお金でパソコンを新調することにした。

こちらが、新しいThinkpad(シンクパッド)になる。

お金の心配がなければパナソニックのレッツノートする。でも、限られた予算の中で選ぶと前と同じThinkpadに落ち着いてしまった。ベンチマーク7989の「Core i7 4710MQ」搭載のノートパソコンも狙っていたけど、手の届く値段だとディスプレイが15.6インチだったり、駆動時間が5時間だったりと携帯に不便だった。これからも旅には行きたいし、持ち歩けるパソコンが大事だった。

ハードディスクが壊れたり、ディスプレイのバックライトが点かなくなったりと、Thinkpadにけっして満足しているわけではない。でも、値段とスペックを考えると仕方なかった。バッテリーは結構持つしキータッチも悪くない。故障はしたけど部品交換で未だに動いてくれてるのは心強いし。

スポンサーリンク

インテル入ってる。

最高のCPUを選べなかった代わりに、HDDをSSDにすることでパフォーマンスを高めることにする。いつでも記事が書けるように写真はすべてパソコンの本体に入れている。SSDも525GBを選んだ。USBメモリでwindows10のリカバリメディアを作成した。あとはHDDとSSDを交換してSSDにWindows7をインストールしたらできあがる。

福岡に戻ったのもこれを引き取るため。その割にはちょっと放置していた。これでは駄目だと写真を撮りながら作業を進める。

関連記事

プロフィール



周藤 卓也(しゅうとう たくや)
旅人・写真家・ライター。1983年 福岡県生まれ。
2005年より自転車世界一周に挑戦、
2016年に達成。
GIGAZINE等に寄稿するライター業、
講演等を行いながら、
自転車旅行者向けの安宿を立上げるため準備中。

詳細なプロフィールを見る

自転車世界一周チャリダーマンのおすすめ一覧-Amazonインスタントストア

SHARE