世界がどんなに暗くても歌さえあれば生きていける | 自転車世界一周チャリダーマン

自転車世界一周チャリダーマン

150ヶ国 131,214km 自転車世界一周
「チャリダーマン」周藤卓也Webサイト

ブログ

2020.04.05

カテゴリ : 音楽

107 views

世界がどんなに暗くても歌さえあれば生きていける

 

いろいろと詰まってしまったが、久し振りにYou Tubeでお気に入りの歌をきいたら生き返った。脳内が活性化される。長い間中国語ブームだったが、ここ最近はスペイン語にハマっていた。

67億回と世界一の再生回数。

爽やかに突き抜ける曲。イマヒナンドケがリフレイン。

デュエット曲。英語が混じる。

ジャニーズっぽい。歌って踊れるアイドルグループ。

中国語は女性歌手ばかりきくのに、スペイン語は男性歌手が多い。なぜかは分からない。

かつてのアイドル歌手も大人の女性に。しっとり丁寧に歌い上げる。

かつての美女は今では立派な淑女。2回目のサビが終わって、低い声で再びサビを繰り返す。堂々たるクライマックスに息が止まりそうになる。

語学勉強にもなるので、外国語の歌はおすすめ。かといって、私は中国語もスペイン語もてんで話せない。でも、歌は好きなのでずっと聞いている。気になる単語は調べるので、少しずつだけどパワーアップはしているはず。好きは裏切らない。

関連記事

プロフィール

・周藤 卓也(しゅうとう たくや)
1983年 福岡県生まれ。
150カ国と13万1214.54kmの自転車世界一周を達成。
次なる夢は福岡でゲストハウスの開業。
WEBライターとしてGIGAZINEで連載

⇢詳細なプロフィール

follow us in feedly