忘れられないインドネシア語をまとめてみた | 自転車世界一周チャリダーマン

自転車世界一周チャリダーマン

150ヶ国 131,214km 自転車世界一周
「チャリダーマン」周藤卓也Webサイト

ブログ

2009.07.27

カテゴリ : 語学

574 views

忘れられないインドネシア語をまとめてみた

 2ヶ月滞在したインドネシア。アルファベッドで組み立てられ、聞き取りやすく簡単な単語の多いインドネシア語は覚えていて楽しかった。

スポンサーリンク

Saya = 私
mau = ~したい
makan = 食べる
Purugi = 行く
anda = あなた
darimana? = どこから
モクマナ = どこへ
チドル = 眠る
ミンタ = ~下さい
テンパット = 場所
テンダ = テント
ini = here
hat hati = 危険
ジャランジャラン = 散歩
クチ=洗う
エスペダ=自転車
エスペダモーター=バイク

マカナン=食べ物
ヌミマン=飲物
ES = 冷えた
テ = 茶
コピ = コーヒー
スス = 牛乳
ジュレック = オレンジ
ソト = スープ
ナシ = 御飯
ミ = 麺
アヤム = 鳥
イカン = 魚
サピ = 牛

Toko = 店
Buku = 本
Buka = open
tutuup = Close
Laut = 海

キリ = 左
カナン = 右
ウジャン = 雨
ヌルンヌルン =下り坂

 もっと覚えたけど、だいぶ忘れている。

関連記事

プロフィール



周藤 卓也(しゅうとう たくや)
旅人・写真家・ライター。1983年 福岡県生まれ。
2005年より自転車世界一周に挑戦、
2016年に達成。
GIGAZINE等に寄稿するライター業、
講演等を行いながら、
自転車旅行者向けの安宿を立上げるため準備中。

詳細なプロフィールを見る

自転車世界一周チャリダーマンのおすすめ一覧-Amazonインスタントストア

SHARE