「途上国で水汲みは子どもの仕事」という問いに欠ける視点 – 自転車世界一周チャリダーマン

自転車世界一周チャリダーマン

150ヶ国 131,214km 自転車世界一周
「チャリダーマン」周藤卓也Webサイト

ブログ

2016.07.06

カテゴリ : 国際

618 views

「途上国で水汲みは子どもの仕事」という問いに欠ける視点

(そのホテルじゃないがタンザニアのスコール)

タンザニアの安宿ではシャワーの水はバケツだった。中の水は茶色く濁っていた。でも、シャワーを浴びた後にスコールがやってくる。この雨水を有効に活用して欲しかった。

途上国の水環境は劣悪。だから支援が必要。井戸を作ろう。

・学校にも通えず、1日中水汲み。途上国の水問題が女の子の人生を奪っていた -Spotlight(スポットライト)
・水と衛生 _ 学ぶ _ 国際協力NGO CARE|ケア・インターナショナル ジャパン

でも、現地を旅したらそれだけでいいのかと首をひねってしまう。

スポンサーリンク

こうしたモヤモヤをフィリピンで見つけた子どもが吹き飛ばしてくれた。彼は台車を使っていた。貧相な造りだが、これで一度に大量の水を運ぶことができる。

誰かがしてくれるではなく自らで生活を変えていく。そうした活動こそが世界を変えるのではないかと思っている。

関連記事

プロフィール



周藤 卓也(しゅうとう たくや)
旅人・写真家・ライター。1983年 福岡県生まれ。
2005年より自転車世界一周に挑戦、
2016年に達成。
GIGAZINE等に寄稿するライター業、
講演等を行いながら、
自転車旅行者向けの安宿を立上げるため準備中。

詳細なプロフィールを見る

自転車世界一周チャリダーマンのおすすめ一覧-Amazonインスタントストア

SHARE