超希少な「カッパの肉」の張り紙に目を丸くする | 自転車世界一周チャリダーマン

自転車世界一周チャリダーマン

150ヶ国 131,214km 自転車世界一周
「チャリダーマン」周藤卓也Webサイト

ブログ

2019.05.12

カテゴリ : 小ネタ

203 views

超希少な「カッパの肉」の張り紙に目を丸くする

 

この記事は全部嘘です。

実は日本の人手不足はかっぱが穴埋めをしている。お給料はきゅうりで済むためお金がかからない。シンガポールは外国人労働者、韓国は北朝鮮人民を自国民とは違う安い労働力として扱う。日本の場合はかっぱだった。だが、その事実を知る者は少ない。テスト期間なので公表されておらず、安い労働力となったかっぱの存在は伏せられている。

しかし、どこからともなく秘密は漏れ出す。日本のかっぱ(河童)はふるいにかけられる。できの悪いかっぱは肉となる噂があった。

その噂は本当だった。

一方できちんとお勤めを終えたかっぱの行き先は泉となる。労働から解放されたかっぱたちが戯れる天国のような光景が広がっていた。

まじめに言うと「かっぱ」という肉の部位があるそうです。知らなかった。

関連記事

プロフィール

・周藤 卓也(しゅうとう たくや)
1983年 福岡県生まれ。
150カ国と13万1214.54kmの自転車世界一周を達成。
次なる夢は福岡でゲストハウスの開業。
WEBライターとしてGIGAZINEで連載

⇢詳細なプロフィール

follow us in feedly