中東の「マスティック(Mastic)」という味が世界で一番まずかった – 自転車世界一周チャリダーマン

自転車世界一周チャリダーマン

150ヶ国 131,214km 自転車世界一周
「チャリダーマン」周藤卓也Webサイト

ブログ

2016.11.13

カテゴリ :

299 views

中東の「マスティック(Mastic)」という味が世界で一番まずかった

エジプトでガムをたくさん買った。

この「マスティック(Mastic)」という味が強烈だった。病院の消毒液を薄くした匂いが鼻につく。モワモワとした不快感に襲ってきて、どうしても慣れることができなかった。

スポンサーリンク

フィンランドのサルミアッキのようなリコリス菓子も苦手だったけれど何とか食べることができた。でも、中東のマスティック味は受け付けなかった。でも、地元じゃ定番のようだから不思議。エジプト以外ではヨルダンでも見かけた。

マスティック・ガム – Wikipedia

マスティック・ガム(英語: mastic gum、ギリシア語: μαστίχα χίου)はギリシャ・キオス島原産のウルシ科の低木マスティックの樹液を原料とした天然の食用のガム。古代ギリシャ時代から樹液を乾燥させて噛むと檜に似た香りがあり、健康にもよいと伝えられてきた食品。現地では「キリストの涙」とも呼ばれている。

とは書いてある。

ギリシャも中東も地理的には近く、そこら一帯では好まれる味なのかもしれない。

関連記事

プロフィール



周藤 卓也(しゅうとう たくや)
旅人・写真家・ライター。1983年 福岡県生まれ。
2005年より自転車世界一周に挑戦、
2016年に達成。
GIGAZINE等に寄稿するライター業、
講演等を行いながら、
自転車旅行者向けの安宿を立上げるため準備中。

詳細なプロフィールを見る

自転車世界一周チャリダーマンのおすすめ一覧-Amazonインスタントストア

SHARE