海外ではあの国のサイクリストが意外にも多かった | 自転車世界一周チャリダーマン

自転車世界一周チャリダーマン

150ヶ国 131,214km 自転車世界一周
「チャリダーマン」周藤卓也Webサイト

ブログ

2019.05.21

カテゴリ :

283 views

海外ではあの国のサイクリストが意外にも多かった

 オーストラリアで初めてポーランドサイクリストに会った。その夫妻は世界を100、000km走った強者だった。カンボジアではそれぞれ違う4組のポーランド人サイクリストに会う。そしてヨーロッパでも。バルカン半島だったり、バルト海を回っていたり、ノールカップの近くに集団でいたり、会う度に「多くのポーランド人サイクリストに会うんだ」と話す。それだけ印象に残っている。

 ポーランド国内を旅した限りではしっかりとした社会主義国だと感じた。ハンガリーやスロバキアの田舎では住宅街が広がっていたが、ポーランドでは田舎にまで集合住宅を建てていた。都市でも集合住宅が広がる。だが、旧ソ連諸国でみた古い暗い集合住宅ではなく、外壁を塗り直し新しい明るい集合住宅だった。頻繁に道路や歩道を工事していて、新しく生まれ変わろうしていた。躍動感のある国だった。タイヤのミシュラン(フランス)や電気のフィリップス(オランダ)の工場もみた。

 古くから世界を旅するドイツ人サイクリストは有名だ。そのドイツ人サイクリストと同じ位に、私の旅ではポーランド人サイクリストに会っていた。

関連記事

プロフィール



周藤 卓也(しゅうとう たくや)
旅人・写真家・ライター。1983年 福岡県生まれ。
2005年より自転車世界一周に挑戦、
2016年に達成。
GIGAZINE等に寄稿するライター業、
講演等を行いながら、
自転車旅行者向けの安宿を立上げるため準備中。

詳細なプロフィールを見る

自転車世界一周チャリダーマンのおすすめ一覧-Amazonインスタントストア

SHARE