夢の中でマーライオンという名前の由来を考えた – 自転車世界一周チャリダーマン

自転車世界一周チャリダーマン

150ヶ国 131,214km 自転車世界一周
「チャリダーマン」周藤卓也Webサイト

ブログ

2015.12.08

カテゴリ : 語学

268 views

夢の中でマーライオンという名前の由来を考えた

先日、夢の中にマーライオンが出てきた。「我が名のマーの意味は何か」と問いかけられ、アフリカの小国シエラレオネを思い浮かべてラテン系の言葉を疑う。シエラレオネはスペイン語の「シエラ(Sierra)+ラオン(Leon)」でライオンの山々という意味。名詞であるライオンの前に修飾語が来るとして、ふさわしい単語を思い浮かべたらフランス語の「海(mer)」ではと閃いた。ライオンの海ということ。後日、Wikipediaをのぞくと合っていた。

スポンサーリンク

修飾語の位置を気にしたらダンデライオン・パンナコッタ・オーデコロンなどの言葉の意味にハッとする

というような記事も書いたけれど、何気なく使っている言葉に隠された意味を知るのは楽しい。最近、ビビビと来たのは「甘い(Sweet)豆(pea)」という意味だったスイートピーという花の名前。

関連記事

プロフィール



周藤 卓也(しゅうとう たくや)
旅人・写真家・ライター。1983年 福岡県生まれ。
2005年より自転車世界一周に挑戦、
2016年に達成。
GIGAZINE等に寄稿するライター業、
講演等を行いながら、
自転車旅行者向けの安宿を立上げるため準備中。

詳細なプロフィールを見る

自転車世界一周チャリダーマンのおすすめ一覧-Amazonインスタントストア

この記事へのコメント (1件)

コメント

SHARE