最期には種を明かしてもらえるのだろうか? – 自転車世界一周チャリダーマン

自転車世界一周チャリダーマン

150ヶ国 131,214km 自転車世界一周
「チャリダーマン」周藤卓也Webサイト

ブログ

2012.05.10

カテゴリ :

51 views

最期には種を明かしてもらえるのだろうか?

走るときは暇なので物理学について考えると頭がすっきりする。時間は絶対じゃなくて変量だというけれど、昼夜の繰り返しを感じていたらなんとなく理解できる。地球は動いているんだから。動くということはエネルギーであって、でもエネルギーっていったい何と考え出すと止まらない。ビッグバンで宇宙が膨張しているなら、空間が広がっていること?そして新しく生まれる空間は何?と不思議なものです。

スポンサーリンク

そんな宇宙の謎とまったく関係のない所に生命の謎があってこれも頭が痛い。生命についていろいろ分かっているけれど、未だに石から命は作れない。命から命を作ることができても、無から命はできていない。そう考えると、無造作に生えている雑草だって、地面に散らばっている蟻んこだって凄いこと。

分からないことが多すぎて駄目だ、最期には種を明かしてもらえるのだろうか?

関連記事

プロフィール



周藤 卓也(しゅうとう たくや)
旅人・写真家・ライター。1983年 福岡県生まれ。
2005年より自転車世界一周に挑戦、
2016年に達成。
GIGAZINE等に寄稿するライター業、
講演等を行いながら、
自転車旅行者向けの安宿を立上げるため準備中。

詳細なプロフィールを見る

自転車世界一周チャリダーマンのおすすめ一覧-Amazonインスタントストア

この記事へのコメント (2件)

コメント

  • みどえもん より:

    『宇宙の図鑑』が部屋にあります(笑)
    数年前に、おもむろに買いました。

    遠く遠く
    宇宙の彼方に意識をもっていくと・・・・

    あまりの壮大なスケールに
    自分の悩んでいることなんて
    本当にちっぽけだなーーーって思えてきます。

    その瞬間が好きです。

    不思議です。
    地球の存在そのものが。

  • shuutak より:

    >>みどえもんさん

    「宇宙の図鑑」と「府中の図鑑」が被ってしまいニヤニヤしていました。府中の神秘に触れる度。

    宇宙の壮大なスケールは星空を見上げて感じますね。
    ずっと信じていなかったのですが神様がいても気がします。
    そうしたら、納得いかないいろいろなモヤモヤも取れてすっきりするんでしょうけどね。

SHARE