このサイトについて

2013.09.17

【近況】インカ帝国の首都だったクスコに着いた

...

アバンカイからの峠を越えて。

...

大崩落注意の看板。

アバンカイから3900mの峠を越えてクラウアシ(CURAHUASSI)に到着。約70kmを走ったけれど、直線距離だと25kmも進んでいない。本当に山を一つだけ越えた感じ。翌日は下り坂から始まって谷まで降りた後に川沿いをリマタンボ(Limatambo)まで上る。ここで泊まることもできたけど、3日でクスコに到着したかったので先を急いだ。リマタンボからは約3700mくらいの峠を越えた。

(さらに…)


2013.09.12

【近況】ナスカから4,000mを越えてアバンカイまで

...

ナスカからアンデスに入るまでは、乾いた景色が続く。

...

約3200mのプーキオのセントロ。

1日目 2499mアップ キャンプ
2日目 2220mアップ Lucanas宿
3日目 1536mアップ キャンプ
4日目 1812mアップ キャンプ
5日目 1418mアップ Chalhuanca宿
6日目 1351mアップ Abancay宿

ナスカから出て98kmは上りが続いた。2日目の夕暮れまでに4158mからダウンヒル。プーキオまでは峠を一つ挟んでいたけど、手前の大きな町に宿があったので宿泊。3日目はプーキオを通過して、また上る。4日目は終始高原を走行。雪が降って参った。5日目の昼過ぎに高原から脱出。ここも雨に降られて泣きそうだった。6日目は、川に沿った優しいダウンヒルだったけど、Abancayの手前で1700mから2400mまで上るのに骨が折れた。いつになく真面目に走った。

(さらに…)


2013.08.09

【近況】アンデスに戻ってきたワヌコ

...

アマゾンから

...

アンデスに峠を跨いだら気候が変わった

ティンゴマリアの700mからワヌコの1800mまで、単純に考えるとアップは1200mだけど、合間に2500mの峠があって泣いた。峠を上っていくと、人々が厚着に変わっていく。自分は汗をかくので変わらないけれど。やはり一日じゃ到着できずに、翌日にワヌコに入った。繁華街は狭い谷間に建物が密集しているから、ゴチャゴチャしている。

(さらに…)


2013.04.28

【近況】コスタリカで標高3300mの峠を越えた

...

カルタゴの街を眼下に。

...

...

登坂中。

1150mのサンホセがスタート一日目に60kmをこいで2500mまで登る。今日3300mを超えたくらいで下り坂となった。標識なんてなかった。一気にガツっと登る峠ではなくて、高原地帯では平坦や下りもあり走っていて楽しい峠だった。しつこいけれど、それほど勾配があるわけでもない。雪が降らない場所だから標高2500mを越えても、人々は普通に生活している。

(さらに…)


2012.07.30

キルギスの峠越えは絶景の連続で思わず足も止まる

...

2009年10月キルギス。

(さらに…)


2010.02.20

アルメニア北部にも数多の峠が立ちはだかる

...

 今までで一番の雪の中を走った。

...

 空も地面も真っ白だ。

...

 人が住んでいる。

【近況】首都エレバンまで、4つの大きな峠が立ち塞がる」に引き続き、アルメニア北部でもえっこら峠を上っていた。

(さらに…)


2010.01.11

【近況】首都エレバンまで、4つの大きな峠が立ち塞がる

エレバン冬眠中。

1本目の峠、ここから別の沢へと渡った。

...

1本目の峠、頂上付近

...

・4つの峠を越えて

イランとアルメニアの国境には河が流れている。イランからダウンヒルで河まで降りるので、その途中でアルメニアの街が一望できる。アルメニア国境の町アガラクは「旧ソ連が作りました」と自己主張の強い姿だった。計画された街。そしてアルメニアに入ると河に沿って移動した後、渓谷上りから峠への道は始まる。

1本目 渓谷上りから、別の渓谷を上がり、もう一本
2本目 ゴリ手前で河に降りる
3本目 ゴリの街をまで上って、高原を駆け抜けて
4本目 エレバンのある盆地に入る峠

(さらに…)


2009.08.19

富士山よりも高い標高3792mの峠を中国で越えた

...

...

(さらに…)