韓国の壁アートに「米中板ばさみのジレンマ」を見た | 自転車世界一周チャリダーマン

自転車世界一周チャリダーマン

150ヶ国 131,214km 自転車世界一周
「チャリダーマン」周藤卓也Webサイト

ブログ

2019.06.20

カテゴリ : 小ネタ

152 views

韓国の壁アートに「米中板ばさみのジレンマ」を見た

 

アメリカ(スーパーマン)も中国(くまのプーさん)も嫌いだと暴れまわった韓国自身も自滅する展開に涙が止まらなかった。と勝手に想像力を膨らます。このアートの真意はいかに。

スーパーマンといえば正義の味方だしアメリカの象徴。一方のプーさんだって習国家主席に似てると話題になった。しかもプーさんのシャツには「I ♡ u」と親愛の意思表示。

でも、韓国がアメリカのTHAADミサイルを国内に配備したとき中国は激しく反発。おかげで、中国のロッテマートは撤退を余儀なくされる。ううん、やっぱし壁アートは「米中板ばさみのジレンマ」という意味では。

2019年6月、短期だけど韓国を旅する。自転車世界一周を終えて約3年ぶりの海外だった。

関連記事

プロフィール

・周藤 卓也(しゅうとう たくや)
1983年 福岡県生まれ。
150カ国と13万1214.54kmの自転車世界一周を達成。
次なる夢は福岡でゲストハウスの開業。
WEBライターとしてGIGAZINEで連載

⇢詳細なプロフィール

follow us in feedly