15歳からの終活、消えてしまう前に世界を見たかった – 自転車世界一周チャリダーマン

自転車世界一周チャリダーマン

150ヶ国 131,214km 自転車世界一周
「チャリダーマン」周藤卓也Webサイト

ブログ

2017.11.05

カテゴリ :

279 views

15歳からの終活、消えてしまう前に世界を見たかった

初めて死を意識したのはノストラダムスの大予言だった。小学校高学年くらい。子ども向けの雑誌に1999年に世界が滅亡するとあって背筋がゾクッとした。あと5、6年ですべておしまい。不安が胸をかきむしる。でも、まだ幼すぎた。死とは言葉でしかなかった。

小学校に入ってすぐの頃、母方の祖父が亡くなった。母の実家がある島原でお葬式をしたことは覚えている。もう会えなくなることは分かった。でも、死の意味まで知らない。

死の本質を理解したのが中学3年生の体育の時間。それまでも太陽はあった。私がいて、太陽があった。でも、2つが過ごしてきた、過ごすことになる時間は比べ物にならない。だとするなら、自己の存在なんてあまりにちっぽけだった。私は世界の主人公じゃなかった。いつか人生には終わりがやってくる。そのことに気付くと、太陽の光をやけにまぶしく、やけに暖か感じた。これまでの世界が、すべてが崩れ去ってしまったので、太陽の存在に疑問を抱いたのだ。生きていくことが、当たり前じゃなくなった。

「生きるとは」「世界とは」そんな疑問を解決したくて本を読み漁る。そこで巡り合ったのは「ソフィーの世界」という本だった。「あなたはだれ?」と少女ソフィーは差出人不明の手紙を受け取ったところから物語が始まる。少年少女向けに書かれた哲学の入門書だった。目に見えているものが、世界の全てではない。プラトンの「洞窟の比喩」を理解したときには全身に稲妻が走った。

高校受験を控えていたが、いずれ死んでしまうことに、居ても立ってもいられなくなった。いかにして生きるか、いかにして人生を終えるか、その答えは世界をこの目で見て回ることだった。「自転車世界一周」という夢がみつかった。その夢をかなえるべく、アルバイトのできる高校を受験した。私の終活は、15歳から始まっていた。

関連記事

プロフィール



周藤 卓也(しゅうとう たくや)
旅人・写真家・ライター。1983年 福岡県生まれ。
2005年より自転車世界一周に挑戦、
2016年に達成。
GIGAZINE等に寄稿するライター業、
講演等を行いながら、
自転車旅行者向けの安宿を立上げるため準備中。

詳細なプロフィールを見る

自転車世界一周チャリダーマンのおすすめ一覧-Amazonインスタントストア

SHARE