30歳って人生の半分 – 自転車世界一周チャリダーマン

自転車世界一周チャリダーマン

150ヶ国 131,214km 自転車世界一周
「チャリダーマン」周藤卓也Webサイト

ブログ

2014.06.03

カテゴリ :

151 views

30歳って人生の半分

天に還っていく人たちが、どんどん自分と近くなっていく。昔は訃報を聞いても、知らない人ばかり。でも、今はそうもいかない。時間は加速していく。そのことが苦しくて、狂気に駆られそうになる。

スポンサーリンク

人生60年で御の字と考える自分にとって30歳は半分。それなのに何も手にしてない現状は悲しい。友人は最愛の人と結ばれて子どもにも恵まれている。旅を選んだ自分は、今から仕事も恋愛も積み重ねる。あと30年しか無いなんて酷い話だ。自分の好奇心を用いれば、300年くらいは軽く生きれそうなのに。

不貞腐れたいところだけど、サヨナラの先は分からないから、今いる場所が変わるように、残り少ない明日を繋いでいく。

関連記事

プロフィール



周藤 卓也(しゅうとう たくや)
旅人・写真家・ライター。1983年 福岡県生まれ。
2005年より自転車世界一周に挑戦、
2016年に達成。
GIGAZINE等に寄稿するライター業、
講演等を行いながら、
自転車旅行者向けの安宿を立上げるため準備中。

詳細なプロフィールを見る

自転車世界一周チャリダーマンのおすすめ一覧-Amazonインスタントストア

この記事へのコメント (2件)

コメント

  • 匿名 より:

    僕も30になりますが、やり残したことばかりです。チャリダーマンさんが羨ましい。

  • shuutak より:

    そーいうチャリダーマンも誰かを羨んでばかりです。いやー三十路メイトですね。ひとまず自分は旅が残っているので、これを仕上げていきます。

SHARE