レールから外れた人生を歩んでみて想うこと | 自転車世界一周チャリダーマン

自転車世界一周チャリダーマン

150ヶ国 131,214km 自転車世界一周
「チャリダーマン」周藤卓也Webサイト

ブログ

2016.09.22

カテゴリ :

4,023 views

レールから外れた人生を歩んでみて想うこと

 

レールじゃなく自転車に乗った人生。行き先は自由。どこにでもいけた。

でも、レールから外れたら結果を残さないと、どこにもいけなくなる。結婚すらできない。

スポンサーリンク

4ヶ月で大学を中退し起業します。レールに沿ったつまらない人生はもう嫌だ。- いしだの話(ドメインがスパム業者に取得されているので踏まないように)

というブロガーの記事が話題になっているので乗ってみた。

レールから外れた人生は自由だ。でも、自由には責任が伴う。自ら動かないと未来は変わらない。レールに沿った人生なら、ある程度は将来が見えてくる。そっちが向いている人だっている。何がいいかは人それぞれ。

ただ、何を選んでも時間だけは過ぎ去っていく。引き返すことができない。いずれ終わりがやってくる。

私は思う存分に自転車で世界一周をした。でも、それだけじゃ終われない。これからそれなりに生きることで、このような人生もあると証明したいと思っている。

幸せにならないと。

関連記事

プロフィール

・周藤 卓也(しゅうとう たくや)
1983年 福岡県生まれ。
150カ国と13万1214.54kmの自転車世界一周を達成。
次なる夢は福岡でゲストハウスの開業。
WEBライターとしてGIGAZINEで連載

⇢詳細なプロフィール

follow us in feedly