シュンゲン協定を破っていることについて – 自転車世界一周チャリダーマン

自転車世界一周チャリダーマン

150ヶ国 131,214km 自転車世界一周
「チャリダーマン」周藤卓也Webサイト

ブログ

2013.09.25

カテゴリ :

108 views

シュンゲン協定を破っていることについて

 シュンゲン協定内のヨーロッパ走行は規定の90日を越えている。分割するという方法もあったけれど、ヨーロッパはヨーロッパとして一気に見たかった。言語や文化には繋がりがある。観光ビザの取得や延長などの回避方法も無かったはず。そういう理由から、滞在オーバーを選んでしまった。ちなみにアンドラ、スペイン、ポルトガルの入国審査ではパスポートを見せたがお咎めなし。次回からの入国で弾かれる可能性があるので、次にヨーロッパ行くときは危ないかもしれない。

スポンサーリンク

・屁理屈

 シュンゲン加盟国の旅行者は南米を3ヶ月で周るべき。北米にしたってそう。

関連記事

プロフィール



周藤 卓也(しゅうとう たくや)
旅人・写真家・ライター。1983年 福岡県生まれ。
2005年より自転車世界一周に挑戦、
2016年に達成。
GIGAZINE等に寄稿するライター業、
講演等を行いながら、
自転車旅行者向けの安宿を立上げるため準備中。

詳細なプロフィールを見る

自転車世界一周チャリダーマンのおすすめ一覧-Amazonインスタントストア

この記事へのコメント (2件)

コメント

  • マーク より:

    ごもっともな屁理屈でございます。
    こちらにも同士がいましたか!
    とりあえず72億分の2人は、ヨーロッパを敵に回しています^^

  • shuutak より:

    >>マーク様

    ペルーはビザなしで150日滞在できるのですが・・・。
    ヨーロッパも長期旅行者のためのビザが欲しいですね。

SHARE