旅行で役立つトルコ語のフレーズについて – 自転車世界一周チャリダーマン

自転車世界一周チャリダーマン

150ヶ国 131,214km 自転車世界一周
「チャリダーマン」周藤卓也Webサイト

ブログ

2016.02.25

カテゴリ : 語学
タグ : トルコ

406 views

旅行で役立つトルコ語のフレーズについて

・旅に使っていたトルコ語

Evet(イヴェット)=はい
yok(ヨック)=いいえ

Merhaba(メルハバ)=こんにちは
teşekkür ederim (テシェクレデリム)=ありがとうございます
Allahaısmarladık(アラスマラドゥック)=さよなら

スポンサーリンク

Su(ス)=水
çay(チャイ)=茶
ekmek(エクメック)=パン
tavuk(タヴク)=鶏肉
çorba(チョールバ)=スープ

Yeni(イェニ)=新しい
yarım(ヤルム)=半分

Bu ne kadar?(ブ ネカダル)=これいくら?

1 bir(ビル)
5 beş(ベシュ)
10 on(オン)
15 on beş(オンベシュ)

買物をするときに、1.5リラだとすると「ビルブッチュ」とトルコの人は答える。このブッチュの意味を知っている方いませんか?1と5で「オン(と)ベッシュ」なら意味通じるけど、私の耳に入るのはブッチュなのです。

・トルコ語雑学

カザフスタンの首都アルマトゥイは、カザフ語で「りんごの里」という意味。「アルマalma」がりんごとなる。そしてトルコ語のりんごは「エルマ(elma)」という。トルコとカザフスタンは地理的には遠いが、民族的に近い繋がりがある。

「オトガル(otogar)」トルコ語のバスターミナルの意味。「oto(車)」+「gar(駅)」に分解できる。このgarは、フランス語の駅にあたる「gare(ガール)」と似てる。

トルコ語のチーズが「peynir(ペイニール)」
ヒンディー語のチーズは「panīr(パニール)」

✕「ブユルン」はトルコの妖怪。道行く人を呼び止める能力がある。
◯「ブユルン」はトルコの言葉。日本語のいらっしゃいにあたる。
トルコの市場とかでヒゲのおっちゃんが「ブユルンブユルン(いらっしゃいいらっしゃい)」とお客の呼び込みをしている。バルカン半島にも「ブユダンブユダン」と派生していた言葉があった。

・トルコ語

アゼルバイジャンとは、ほぼ一緒。
中央アジアのカザフスタン、キルギス、ウズベキスタン、ウズベキスタン、トルクメニスタンの言葉も似ている。数字あたりは応用が効きそう。

関連記事

プロフィール



周藤 卓也(しゅうとう たくや)
旅人・写真家・ライター。1983年 福岡県生まれ。
2005年より自転車世界一周に挑戦、
2016年に達成。
GIGAZINE等に寄稿するライター業、
講演等を行いながら、
自転車旅行者向けの安宿を立上げるため準備中。

詳細なプロフィールを見る

自転車世界一周チャリダーマンのおすすめ一覧-Amazonインスタントストア

SHARE