ここからはタイ、シンガポール、フィリピン、台湾、沖縄という予定 – 自転車世界一周チャリダーマン

自転車世界一周チャリダーマン

150ヶ国 131,214km 自転車世界一周
「チャリダーマン」周藤卓也Webサイト

ブログ

2015.10.21

カテゴリ : 計画

445 views

ここからはタイ、シンガポール、フィリピン、台湾、沖縄という予定

バンコク→シンガポール→セブ→台北→那覇とフライトチケットを4枚購入。エア・アジア、セブ・パシフィック、セブ・パシフィック、タイガーエアーと全部LCC。

2015/10/28 バンコク→シンガポール
2015/11/03 シンガポール→セブ
2015/11/11 セブ→台北
2015/12/13 台北→那覇

まずは、シンガポールに戻って、預けている折りたたみ自転車のドッペルギャンガーを回収しなくてはいけない。1万円を切る航空券がなくて、億劫になったけど、止めてしまったら、この先行くことはないと、フィリピン行きのチケットを手に入れる。航空券は入出国合わせて、3万円台前半。ちなみに自転車があるので、荷物の追加料金は外せない。台湾は滞在計画もあったけれど、とりあえず今回は1ヶ月だけ。半分自転車で走って、半分はのんびりしていそう。

スポンサーリンク

そして、今年の年末は沖縄で過ごすことになる。沖縄なら1ヶ月3~4万円の家賃で暮らせそうで、そしたら旅のまとめもできそう。2002年の日本一周の際に立ち寄った独特の雰囲気をもう一度味わいたかった。日本にも帰りたかったので、ちょうどいい。

航空券を手に入れたことで、新たな旅程を消化していく、どんどん時間が過ぎていくことで、何をしているんだろうと、不安にもなるけれど、旅の終わりまでもう少し。一つ一つこなしていく。いつも同じことを書いているけれど、ただそれを繰り返していくしかない。

関連記事

プロフィール



周藤 卓也(しゅうとう たくや)
旅人・写真家・ライター。1983年 福岡県生まれ。
2005年より自転車世界一周に挑戦、
2016年に達成。
GIGAZINE等に寄稿するライター業、
講演等を行いながら、
自転車旅行者向けの安宿を立上げるため準備中。

詳細なプロフィールを見る

自転車世界一周チャリダーマンのおすすめ一覧-Amazonインスタントストア

この記事へのコメント (2件)

コメント

  • バラキ より:

    ゴールが近づいてきていますね。
    さて、2002年頃の沖縄の雰囲気は今は残っていません。那覇市は大都会になっています。のんびりしたいなら、少し不便にはなりますが、沖縄市等中部がオススメです。
    気をつけて、残りの旅をエンジョイしてください。

  • shuutak より:

    今度の沖縄でひと区切りつきます。あとは旅のまとめで、どのくらいの時間が必要かですね。
    今回は自転車という足があるので、生活に不便でなければ、どんな場所でも構いません。安い部屋が見つかるといいですけど。

SHARE