そうして時間は過ぎ去っていく – 自転車世界一周チャリダーマン

自転車世界一周チャリダーマン

150ヶ国 131,214km 自転車世界一周
「チャリダーマン」周藤卓也Webサイト

ブログ

2014.04.18

カテゴリ :

75 views

そうして時間は過ぎ去っていく

「何があっても、自分が自分でいれば大丈夫」そんなことを旅で言ったりするけれど、だったら一時帰国中にできた大切な人との時間を優先すればよかったじゃない?という矛盾が胸をつく。放っておけるような状況ではなかった。でも、早く旅を終わらせたかった。原稿を書いて調子が良い自分を捨てたくなかった。理想ではなく、現実にしがみついた自分がいる。

でも、それも終わったことなのでよろしい。待ってもらう約束の2年は1年半のアメリカ大陸と半年のおまけ。今の自分が、予定通りに旅を進めていることが全て。帰る理由もないので、気が済むまで旅を続けたい。今の自分にはこれしか残ってないのだから。

関連記事

プロフィール



周藤 卓也(しゅうとう たくや)
旅人・写真家・ライター。1983年 福岡県生まれ。
2005年より自転車世界一周に挑戦、
2016年に達成。
GIGAZINE等に寄稿するライター業、
講演等を行いながら、
自転車旅行者向けの安宿を立上げるため準備中。

詳細なプロフィールを見る

自転車世界一周チャリダーマンのおすすめ一覧-Amazonインスタントストア

SHARE