このサイトについて
Home > 9月, 2013

2013.09.25

【近況】マチュピチュには自転車でいけないことが判明

...

...

4泊5日でマチュピチュに行ってきた。往路3日。観光1日。帰路はバスに乗っけて1日。発電所で自転車を止められるので、マチュピチュ村には自転車でいけないことが判明。だったらクスコからバスに乗っていけばと寂しくなる。一人とぼとぼ歩いてマチュピチュ村に到着。約30kmのオフロードをこなした後なのでしんどかった。肝心のマチュピチュは午前中は雨で、半分くらい雨宿りしていた。午後から晴れ間が最低の自体は免れたけど・・・・。

マチュピチュは記事化するつもりなので、よろしくお願いします。

(さらに…)


シュンゲン協定を破っていることについて

...

 シュンゲン協定内のヨーロッパ走行は規定の90日を越えている。分割するという方法もあったけれど、ヨーロッパはヨーロッパとして一気に見たかった。言語や文化には繋がりがある。観光ビザの取得や延長などの回避方法も無かったはず。そういう理由から、滞在オーバーを選んでしまった。ちなみにアンドラ、スペイン、ポルトガルの入国審査ではパスポートを見せたがお咎めなし。次回からの入国で弾かれる可能性があるので、次にヨーロッパ行くときは危ないかもしれない。

(さらに…)


2013.09.20

【近況】ちょっとマチュピチュに行ってくる

...

クスコの町。

...

黄金のビクーニャを発見。

クスコ滞在は1日(到着)2日(原稿)3日(自転車)4日(怠惰)。リマで取り寄せたハブを交換する作業が一番の懸念だったけど、1日どころか数時間で仕上げてくれた。ペルーだけど、腕は確かだと信じたい。そうしている間に、時間を合わせて誰かと一緒にマチュピチュに行きたいと思っていたけど、誰も来ないし予定も合わない。だって、ほら人の旅行記みてると皆でわいわいしているじゃん。一人で乗り合いバス乗って、森の中を歩いても寂しそうだし。どうせ一人みたいだから、自転車でマチュピチュに行くことにする。本当は昨日でたかったけど、朝からシトシトと雨が降っていたので諦めた。

(さらに…)


2013.09.18

地面より高いところを流れるオランダの排水路

...

...

目の錯覚ではありません。

(さらに…)


2013.09.17

【近況】インカ帝国の首都だったクスコに着いた

...

アバンカイからの峠を越えて。

...

大崩落注意の看板。

アバンカイから3900mの峠を越えてクラウアシ(CURAHUASSI)に到着。約70kmを走ったけれど、直線距離だと25kmも進んでいない。本当に山を一つだけ越えた感じ。翌日は下り坂から始まって谷まで降りた後に川沿いをリマタンボ(Limatambo)まで上る。ここで泊まることもできたけど、3日でクスコに到着したかったので先を急いだ。リマタンボからは約3700mくらいの峠を越えた。

(さらに…)


2013.09.16

「パット・ティルマン」というアメリカの正義

アメリカ同時多発テロ事件の8ヶ月後、2002年5月、彼はそれまで1年あたり51万2000ドルの契約から3年間で360万ドル以上のオファーを受けていたがアメリカ陸軍に入隊することを決意した

パット・ティルマン-Wikipedia

何かと批判の矢面に立つアメリカだけど、安定した生活を捨て「正義」と向き合った人を忘れたくは無い。NFLの選手だった彼は、アフガニスタンで命を落としている。

「戦争反対」は正義ではない。唱えているだけで、気持ちよくなれる魔法。「独裁者も戦争も嫌い」と批判しているだけでいいのだもの。今後、シリアでも同じことが繰り返される。化学兵器は見つからなかったが、独裁者を追放したイラク戦争は意義があるものだったと自分は信じている。

(さらに…)


2013.09.15

軍事、独裁政権のまとめ

201× シリア(アサド)
2012 イエメン(アラブの春)
2011 チュニジア、エジプト、リビア(アラブの春)
2007 パキスタン(ムシャラフ大統領)
2005 キルギス(チューリップ革命)
2004 ウクライナ(オレンジ革命)
2003 グルジア(バラ革命)
2003 イラク(フセイン政権)
1998 インドネシア (スハルト政権)
1996 台湾
1990 チリ(ピノチェト)
1989 ポーランド、ブルガリア、ルーマニア、ハンガリー、チェコスロバキア(東欧革命)
1988 大韓民国
1983 フィリピン (マルコス)
1975 スペイン (フランコ政権)
1974 ギリシア

シリアの内戦に関して、アメリカとイスラエルの陰謀論をちらほらとみかけたのでまとめてみた。

(さらに…)


2013.09.14

【近況】アバンカイで3泊

...

山腹にあるアバンカイの町。

...

あのテッペンまで上らないといけない気がする。

星が2つも付いてる、1泊35ソルの宿に3泊もしてしまった。ホットシャワーもガンガン、ワイファイもサクサク。机と椅子があって、作業もしやすかった。といってもネットジャンキー化していたけれど。

(さらに…)


2013.09.12

【近況】ナスカから4,000mを越えてアバンカイまで

...

ナスカからアンデスに入るまでは、乾いた景色が続く。

...

約3200mのプーキオのセントロ。

1日目 2499mアップ キャンプ
2日目 2220mアップ Lucanas宿
3日目 1536mアップ キャンプ
4日目 1812mアップ キャンプ
5日目 1418mアップ Chalhuanca宿
6日目 1351mアップ Abancay宿

ナスカから出て98kmは上りが続いた。2日目の夕暮れまでに4158mからダウンヒル。プーキオまでは峠を一つ挟んでいたけど、手前の大きな町に宿があったので宿泊。3日目はプーキオを通過して、また上る。4日目は終始高原を走行。雪が降って参った。5日目の昼過ぎに高原から脱出。ここも雨に降られて泣きそうだった。6日目は、川に沿った優しいダウンヒルだったけど、Abancayの手前で1700mから2400mまで上るのに骨が折れた。いつになく真面目に走った。

(さらに…)


2013.09.08

コロンビアの安宿をGPSの座標付きで紹介

...

...

01 Fatima Hostel
Bogota
標高 2562M
N4.59865 W74.07017
自転車は建物内

2013年05月18日(4泊)
15,000コロンビアペソ(ドミトリー)
共同でトイレ、シャワー(湯)
電源あり
ワイファイあり

パナマシティのホステルが快適だったので、嫌なところが目に付いた。キッチンが汚い。引き出しの中とかはゴミだらけ。どこの馬鹿か知らんがコップを灰皿に使うな。チェックアウトを済ませた人がいても、ベッドメイキングを済ませない。翌日にやっていた。コンセントがない。共同スペースとかでパソコンが使いにくいようになっている。パナマシティではそんなことはなかった。室内も窓がなくて暗い。値段は安いのは助かったけど、早く出たくて仕方なかった。

(さらに…)


 Page 1 of 2  1  2 »